さーちゃん@30週の4Dエコー


.07 2011 さーちゃん(弟・胎内) comment(26) trackback(0)

先週・先々週の週末日記が溜まってて、出来事が前後してしまうのだけど・・・


月曜日に行って来たコチラの記録を。


      


母のお腹の中にいるさーちゃん(息子命名)、現在30週(8ヶ月)に入り、性別は100%男子と確定し、もの凄く激しい胎動で母を参らせながら、順調に育っている。


通っている病院は息子を産んだのと同じ病院で、4Dエコー(※4Dエコーとは3Dエコーに時間の要素を加えたもので、お腹の中で動いている赤ちゃんの様子を立体的に動画として見ることのできる技術)が撮れる機械が設置されている。

しかも、4Dエコーに関する日本の第一人者のような有名な先生がいるので、予約するとその先生にじっくりと撮ってもらえてそれをDVDに焼いてくれるのだ。


息子の時も撮ってもらい、今回ももちろん予約した。


それが一昨日の月曜日。
ちょうど30週に入った日。


夫婦で会社を早退し、息子を保育園へ迎えに行って、一家揃って行って来た
4D_01.jpg
毎回普通に妊婦検診してもらってる先生だけど…実は本だしたりTVに何度も出たりしてる先生。



こちらがその4Dの一部!

http://www.youtube.com/watch?v=cKHCzSWoE1E
顔の前で手を握ったり、あくびしたり指をしゃぶったり、アイーンしたり…


コレ、赤ちゃんの顔の位置(子宮の壁にくっつき過ぎてるとよく撮れない)や、手で顔を隠しちゃうとか丁度グッスリ寝ちゃってるとか、あんまりいいのが撮れない時もあるらしく…実は、息子の時がまさにそんな感じで期待してた程のが撮れずにボヤーンとして且つ動きもあんまりないものだった。

なので、今回も期待せず…将来、にーちゃんのはあるのに自分のはナイ、ってなったら可哀想だから…くらいな気持ちで予約したのだ。


しかし、思いのほかわかりやすく、キレイに撮れて嬉しい驚き
エコー中、さーちゃんサービスしまくりで動きまくっていた


先生曰く、5年前より機械もバージョンアップして画質等も良くなったそうな。
技術の進歩、すごいなあ。近い将来、どこの産婦人科でも普通の検診で4Dが使われたりするのだろうな。


で、にーちゃんと言えば、、、指しゃぶりしてる映像等に『かわいいねえと頬を緩めたり、おチ○チ○を写すように先生にリクエストしたりしつつも…どっちかっつーと映像よりも、超音波室に置いてあるいろんな物に興味を奪われてたけど
アナタもお腹にいた時この先生にエコー撮ってもらったんだヨ!
4D_02.jpg
写真もたくさんもらった。
4D_04.jpg
胎児の生態をずっと研究している研究者でもある先生、さーちゃんが結構いろんな動きを見せたので「あ、これはオモシロイ動きだな…」とつぶやきつつたくさん静止画も撮ってくれたのだ。
4D_03.jpg
でも写真はモノクロ。


ちなみに息子の時は、一応色付き。
4D_05.jpg
でもやっぱり画質はボヤ~ン…
4D_07.jpg
面影ある?!


ついでに息子の時のDVDも引っぱりだしてきて上映してみたけど…
4D_06.jpg
何故か自分のにはほとんど興味ナシ迷路の絵本に夢中…




3週間前、丁度夏休み中に妊婦検診があってその時に初めて一緒に病院へ行った息子。
今回は『またいきたい!』と言ってとっても楽しみにしていた。

夜寝る前、母のお腹に向かって、
『さーちゃーん!おにーちゃん、きょう、さーちゃんのこと、みたよ~♪かわいかったよ~♪』
と話しかけていたにーちゃん。

多分…この先、わざわざ保育園を休ませたりしてまで連れて行くような事はないと思うので、おそらく息子が次にこの病院へ行く時は、出産の時か産まれた後か…





いずれにせよ、お腹の中の様子を息子に見せる事が出来たのは良い経験だったな、と思う母なのであった










トゥデイズニャンズ茶太郎
4D_08.jpg
最近ホントTVっ子の茶さんこの時も視線の先はTV…











ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります




性別判明!と、にーちゃんの心境


.06 2011 さーちゃん(弟・胎内) comment(14) trackback(0)

月曜日のこと。

実はあちゃの出産予定日だったのだけど…早く産まれて欲しいあちゃ&周りの心とは裏腹に、まったく産まれる兆候無し
今週中に産まれる…かな?


一方の母、この日は妊娠6ヶ月の検診。

ツワリが抜けきらない以外は特に問題なく、赤ちゃんも至って順調。

で・・・この時期、もちろん興味は性別判定。
前回は、検診時にちょうどさーちゃん俯せ体勢で判定できず。

エコー中に先生に、わかりますか?と聞いてみると…



「おっ、こりゃあだね。立派なのが付いてるよ~(笑) ここまでシッカリ見えると、9割…いや、ほぼ100%男で間違い無しだね



とのお答え。

たしかに…エコーってたいてい「これが○○だよ~」と言われて辛うじて「ああ…(なんとなく)」って感じが多いが、先生に言われた箇所を見ると…素人のワタシでも、股間にバッチリと写っているモノが認識できる



自身も男兄弟、兄の子供も男兄弟…で、女子熱烈希望だったとーちゃん、夢破れたり…



ま、こればっかりはね。
男兄弟育児………体力備えてがんばらう




そして、これを息子に話すと…大喜び



よく、小さい子供が妊娠を言い当てたり性別を言い当てたりなんて話を聞く。

息子には、そんな予知能力(?)はなくて、性別もどちらかわからないと言っていたのだが…彼の性別の希望は男の子

あちゃの子供は女の子だと判っているのだが、こちらも息子の希望は女の子だった。
しかもあちゃの子は最初男の子判定だったのだけど、その時からしつこく女の子がいいと言っていた…

言い当てるのとはちょっと違うけど、何故か連続で希望が叶っている息子なのであった



で、念願叶って男の子だと聞かされた息子は『やったー!!!』と大喜びで、母のお腹に向かって…

『さーちゃーん!おにいちゃんだよー!いっしょにあそぼうね~!まってるからねー!いっぱいやさしくするからねー!だいすきだよー

と超熱烈ラヴコール

『じゃあさ、おとこのこのなまえ、かんがえなきゃね………じゃあ、まつくんは?』


ま、松?!…末、か?!


兄よ、この平成の世に、それはちょいと弟が不憫では…


そんなこんなでウキウキのにーちゃんと、そんなにーちゃんに癒される母なのであった




・・・が、しかし。




やはり、そんなに何もかもがスンナリといくほど4歳児の心は単純ではなく…




月曜日は、妊婦検診のあと、保育園の先生との個人面談があった。



とりあえず「ちゅーちゃんは、とても優しくて素直で私もいつも癒されてるんですよ~」と先生から有り難いお言葉を頂き、その他にも基本的には特に問題なく楽しく園生活を送っているとのお話し。
ちょいとお喋りが過ぎる以外は…
母がつわりピーク時も、先生によく母への心配を口にしていたそうな…

でも、、、
「ちゅーちゃん、赤ちゃんが産まれるのをとっても楽しみにしているんですが、最近、多分お母さんの体調が落ち着かれて、本人も少し気が抜けたからだと思うんですが……ちょっと、お友達にいじわるな事してしまったり、些細な事で感情が爆発してしまったり、って事が出てきてます」
との事。。。


先生曰く、まあ、状況を考えるに息子なりの赤ちゃん返りの一種のようなモノじゃないかと。
赤ちゃんは楽しみだけれど、やはりどこかでヤキモチを妬いていて、、、と。



むむぅ………たしかに言われてみれば思い当たるフシはたくさんある。

家でも今まで以上にささいな事で泣いたり怒ったり癇癪をおこしている。

そして母への執着も以前よりも増している。
逆に父に対しては、甘えからくる反抗的な態度も目立つ。


まあ、基本的には普通に過ごしてはいるけれど…


一応、さーちゃんの話をする時には必ず、息子もそうだったんだよ~と彼がお腹にいた時の話を交えるようにしたり、下ができる事でヤキモチやいたり寂しく思ったりしないようにと、ちゃんと言葉を選んだり、ひと言気遣いの言葉を添えたりするようには心がけてはいた。愛情表現もたくさんしているつもりだ。



でもやっぱり不安なんだなあ…



最近暑くて暑くて…更にマタニティ特有のホルモンのイタズラやらツワリが抜けきらない事もあり、かなりイライラ気味の母。
そこへ息子のワガママやら癇癪やらでイライラがマックスになり、怒鳴り散らす事も多々…



イライラ防止のハーブティーでも買うかねえ。。。



そして息子への愛情アピールを今まで以上に強化せねばな。



出産予定日まで丁度折り返し地点の現在。



あと数ヶ月、にーちゃんになる前の息子の心をたっぷり満たしておいてやらねばなあ。





KC3X0012.jpg
月曜日、面談のあとは久々にお友達ママの美容院へ。かなりサッパリ!










トゥデイズニャンズ茶太郎
IMGP1616.jpg
あっちぃ…










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



実は…


.23 2011 さーちゃん(弟・胎内) comment(22) trackback(0)

昨日の、息子の妄想が暴走な偽造胎内記憶。


実は、その妄想の発端となったモノがある。





実は実は、、、、、





IMGP1283.jpg

ワタクシ、現在二人目妊娠中。


丁度一週間後に5ヶ月に入り、11月の半ばに出産予定なのだ。


先日たまたま、お腹の赤ちゃんはまだ10cm弱くらいで、お腹の中の羊水というお水の中で動き回っているんだよ、息子もそうだったんだよ~、等と教えたのが妄想の元となったのであった。(そこになんで茶が出てきたのかは不明だけど)



ま、それはさておき。



妊娠が判明したのは、奇しくも(?)あの地震の前日。

喜びもつかの間、なかなか辛い時期であった………そして、2週後くらいにツワリが始まり、最悪な日々の幕開け。


とにもかくにも明けても暮れても気持ち悪くて気持ち悪くて気持ち悪くて、、、
ブログは1日のうちでもまだマシな朝のうちに更新したり、少し良い日にまとめ書きしたり。
思い出すだけで憂鬱になるような2ヶ月近くだった。

息子の時もツワリはあったが、明らかに今回の方が酷い。

ご飯の支度も全くと言っていい程できなかったし、会社は何とか行ってたものの休んだ日も多く…

家事も育児もすべてとーちゃんに丸投げ状態で、あとはばーちゃんにもお惣菜を宅急便で送ってもらったりとたくさん助けてもらった。
(実は連休はじめ、ここ2ヶ月くらいの外遊び写真は全部とーちゃん(一部じーちゃん)が撮ったモノ。ワタシは休日、まったくと言っていい程出掛けていない)
保育園の送り迎えもとーちゃんにまかせっきりで、出張の際にはばーちゃんに泊まり込みで来てもらったり。
迎えの時間がツワリが酷くなる時間と重なるので、ここ2ヶ月保育園に顔だしてない母…




ちなみに息子は、

IMGP1292.jpg
(以前から憧れてたとーちゃんのベルト、運良く不要なのが発見され、それをもらってご満悦なヒト。)

赤ちゃん好きな彼は以前から、オトモダチの妹や弟をとっても可愛がっていて、
その子達に『ちゅーちゃんのだいじなあかちゃんたち』発言をしたり
『ちゅーちゃんも、いもうとかおとうと、ほしい』はもちろん、
『ちゅーちゃんちも、4にんかぞくがいいな…』だの、
『はやく、かーちゃんのおなかにあかちゃんこないかな~』だのと言っていたので、生まれ来る弟か妹を非常に楽しみにしている。
そもそも、ひとりっ子ほぼ確定だった我が家でふたりめ…となったのは、息子の熱望によるところも大きい。


なので息子は、母の体調をよく気遣ってくれてとても協力的で、たくさんたくさん我慢をしてくれている。


そんな息子が、お腹の中の弟だか妹だかに付けたとりあえずの呼び名は『さーちゃん』
何でか?さあ…

日々、お腹に口をあてて『さーちゃん!おにいちゃんだよー!』と呼びかけている





そして、母の方はやっと先週の半ば辺りからツワリが落ち着きつつあり、今はかなりマシになってきた。
まだスッキリとはいかないのだけど。

IMGP1286.jpg

産むまで続くツワリもあると聞いて恐怖していたのだが、どうやら抜け出せそうでホっとしている。

と言っても原発やら放射性物質やら…もっと大きな心配はいろいろと尽きず、不安はたくさんあるのだが、とりあえず無事にさーちゃんが産まれてくれるよう頑張るしかない。





という訳で、そんなこんなのご報告(?)なのでした。





・・・5ヶ月に入る1週間前。何故この中途半端なタイミングで公表か?それは……深く考えずに何となく応募した、明日閉め切りのモニター企画「マタニティ・ティー」が当選してしまったから!(笑
てなわけで、明日は期限ギリギリのモニターレポート也











トゥデイズニャンズふう&りん&茶太郎
IMGP1289.jpg
息子の時は、赤子の存在になかなか馴れなかった猫ズ…さすがにもう免疫ができたか?!










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



 HOME