2年


.06 2019 ふう comment(6) trackback(0)


明日、12月7日はふうの命日。
あれから2年。

我が家から猫が1匹もいなくなってから2年。

いまも、猫がいた頃の感覚をふと思い出しては切ない気持ちになる。

ふうが亡くなった日のことを読み返すと改めて涙…



茶太郎と同じく、ふうもイラストレーターさんに肖像画を描いてもらった。

S__28622861.jpg

フフフ
貫禄たっぷり。

元の写真は、

fuu02.jpg

コチラ。





ふうに会いたいなあ。

fuu00.jpg

fuu01.jpg


fuu03.jpg

fuu04.jpg

fuu05.jpg

fuu07.jpg

fuu08.jpg

fuu09.jpg

1年


.10 2018 ふう comment(6) trackback(0)


金曜日はふうの命日だった。
(スマホでふうの写真のリンクが何故か上手くコピペできなかったのでアップを諦めた)

保護者会の前に花を買いに行き、帰ってからお線香をあげてしばし子どもたちとふうの話。

最期、誰も看取れなかったのがやっぱり今でも心残り…

あれから1年。
猫がいない生活になって1年。
忙し過ぎて寂しがってる暇もないくらいだけど、ふとした瞬間に家のそこかしこに面影を感じる。
そんな時は喪失感でいっぱいになる。

…ま、次の瞬間、子どもの声で現実に引き戻されるけど。

ああ。会いたいなあ。




あれから1ヶ月


.07 2018 ふう comment(0) trackback(0)

ふうが亡くなって今日で1ヶ月。



早いような……年末年始を挟んだせいで、まだ1ヶ月?!とも思うような。



ああ、会いたいな、ふうに。


ふうオマケ写真


.15 2017 ふう comment(1) trackback(0)

何故だかふうの写真を加工した遊び画像を何点か発見。
(りんと茶のは見当たらず)

IMGP1554.jpg

20130127_11.jpg

0617_06*

yuriisu03.jpg

お目目ぱっちりだから加工しても可愛いかったなー


こちらも、



カメラ設定でフィルターかけて撮ったお気に入り。



もう家のニャンコ写真撮ることはない…と思うと寂しさひとしお。


ふうの記録


.14 2017 ふう comment(3) trackback(0)

ふうが家にきた経緯は、りんが亡くなった時に記録したのと全く同じ()。


(右端がふう。その横が りん)

fuu_kitten.jpg

これはウチに来て間もない頃。

りん以上に人見知りで、人が来ると"幻の猫"っぷりがすごかったふう。

とーちゃんが大好きでとーちゃんの膝にばかり乗って、とーちゃんのことをよくジーッと見つめてたっけな。
基本おとなしくて、りんや茶に比べて目立った行動もなく。
若い頃に尿に結晶がでたりして、ほぼ生涯ずっと療法食を食べていた。(でもむしろ療法食のカリカリが大好きだった)

幻の猫と言われたふうだけど、子どもに否応なく慣らされたのがキッカケか?!、晩年は誰が来てもスリスリして膝に乗る懐っこい猫に変身。
特に茶が亡くなってからの1年はその傾向が強く、そして…何度か書いたけど、2匹を探すような仕草で遠吠えのような鳴き方をよくしていた。

やっぱり寂しかったよねえ。


この1年はどんどんと寝る時間が増え、ご飯以外ではほとんど寝てたんじゃないか、って感じだった。
少し前に病院で健診を受けた時は、腎臓の数値が少し悪くなってるってことで…サプリを飲んだりしていたけど、食欲は旺盛。
寝る時間が増えた以外は年寄りなりに?元気だった。

それが、先月終わりにパタッと食べなくなり…そこからあれよあれよという間に弱っていった。
病院の検査では、茶の時よりも腎臓の数値は悪くなっていた。

一週間前の今日。
前日に病院で点滴をうけ、針なし注射器であげられる流動食をもらって帰宅。
それで夜も朝も吐き出すことはなく、少しだけ栄養は摂っていた。
あ、そうそう、去年の茶の時にはまだ出てなかったと言う、腎臓に直接効く新薬も飲ませていた。(茶の時は腎臓に直接効く薬はないって言われてた。あ、腎臓病用の流動食も茶の時は発売されてなかった)

この日、ほぼ寝たきり状態だったけどちゃんと意識はあり、まさか日中に逝ってしまうなんて思いもせずに仕事に出てしまった。
前述の、茶の時にはなかった薬や流動食で少し安心しちゃってたのかも。
今夜の様子次第では明日は会社休もうかな、なんて思いつつ。

家の中を見られるモニターを設置してるので、仕事中もたまに見て気にしつつ…午前中の早い時間には、頭を少し動かしたり手がちょっと動いてるのが見えた。

が、その後動きはなく…

でも何となく、ただ寝てるだけだと思っていた。
繰り返すけど、まさかこの日の日中にとは思っていなかったので。

兄さんが学校から帰ってきた時には、ふうはすでに息を引き取っていた。

たまたまモニターで見た動いた時が最期だったのか?その後もそのまましばらく生きていたのか?
それはわからない。

苦しんだりしている様子はなかったけど…

ひとりぼっちで逝かせてしまった。


それが何よりの心残り。
りんはとーちゃんが、茶は母が看取ったのに。


きっと一生、思い出しては後悔するだろうな。
ふうがどう思うかとかではなく、自分自身の気持ちの問題でね。

fuu17.jpg
(11月に撮った一番新しい写真)

あの日、兄さんは嗚咽しながら電話をかけてきた。ふう、もう息してない、と。
あっちゅんは夜、声をあげて号泣した。


でも子どもの立ち直りは早い。
そして、そんな子どもたちの日常に振り回されてる大人も悲しみに浸る暇なし。

ただ、この1年ずっとソファーの左端が定位置だったふうが、朝起きたり出かけて帰ってきたりすると必ずニャーニャー鳴いてたふうがいないってのを、朝起きるたび、帰るたびに実感して切なくなる。ついソファーの左端に目をやってしまう。

3匹が2匹になった時も、そして2匹が1匹になった時もそりゃあ寂しかったけど、1匹もいなくなっちゃうってのは…
相当な喪失感。

fuu06.jpg

でもきっと、ふうはホッとしている気がする。

1匹寂しく、ほとんど寝たきりで、調子も良くない状態で長生きするよりは…りん&茶と虹の橋で遊んでた方がいいもんね。

本当に虹の橋があって、3匹が再会して、心穏やかに過ごしていることを想像すると少しだけ喪失感も和らぐね。



 HOME