ぷぜれんと


.31 2011 保育園 comment(8) trackback(0)
数日前のこと。



保育園から息子が持って帰って来た、『かーちゃんに、ぷぜれんと!』
IMGP0694.jpg
なんだろう…?とワクワク開けてみると…





おおー
IMGP0698.jpg
『これ、ちゅーちゃんがつくったの!!!』

息子の手作りストラップ!


保育園で、それぞれ皆、お母さんに作ったそうな。


すご~い!上手!と褒め称えると、えも言われぬ嬉しそうな顔


『かーちゃんの、でんわにつけてね!』
IMGP0700.jpg
ハイハイ、さっそく




きっと、今のクラスの先生からの最後の心遣いなんだろうな
IMGP0572.jpg
息子&先生方、ありがとう!





さてさて、年少さんは今日でお終い。
明日からはいよいよ年中さんへ進級だ!!!










トゥデイズニャンズ茶太郎
IMGP6853.jpg
手がカワエエ♪










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



人形劇


.30 2011 おでかけ comment(8) trackback(0)
さかのぼって、3連休最終日のこと。



      



この日は、発売早々にチケットを取っておいた人形劇へ。

この劇団の人形劇を見るのは3回目。(前回の日記

前回のちびくろさんぼがイマヒトツだったもんだから、今回はどうだろう…と若干心配しながらの鑑賞…


でも、今回の演目は、息子も大好きなコチラ
KC3X0004_20110324141136.jpg
ブレーメンの音楽隊。


しかも、前回と違ってかなりの良席!
KC3X0002_20110324141147.jpg
列で言うと前から11列目。
それが丁度2ブロック目の一番前だったので、前に人がおらず快適~
お友達家族4家族がひと並びで鑑賞♪





で、肝心の中身は・・・



おもしろかった!


絵本の話をかなり膨らませていたけれど、飽きさせる事なく最後まで楽しめた。
ちびくろさんぼの時のような中だるみもなく、意味がわからない、といった事もなく。

息子も真剣に舞台をみつめ、時には笑い、時には眉間にシワを寄せつつ夢中で見ていた。


席が良かったのも大きい。
ちゃんと細部までよく見えて、やはり2階席後ろとは迫力も引き込まれる度合いもまったく違う。


一緒に行った子供達も皆一様に夢中になって見ていた。


やはり幼児向けの人形劇ならば、こういった単純でわかりやすくて楽しいお話でなきゃね。




地震後、多くのイベントが中止されている中で予定通りに開催してくれて良かった。

知らず知らずのうちにストレスをためているかもしれない子供達には、きっと大きな癒しの時間となったであろう


KC3X0003_20110328151636.jpg

そういえば、途中でおもしろかった息子の行動。

劇中、泥棒が、何かお宝はないかと舞台上から望遠鏡で客席をぐるりと見渡す場面で…

目の前に置いてあった自分のカルピスウォーターのペットボトルを慌てて隠していた。
(もちろん超真顔。しかもカルピス残り3口分くらい…)


大好きなカルピス、泥棒に取られなくて良かったねえ










トゥデイズニャンズりん
IMGP0436.jpg
まる。










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



Y来訪!


.29 2011 来客 comment(2) trackback(0)
昨日載せた公園で遊んでる途中、父母の飲み仲間M美さんより「暇だったら遊びに行ってもい~い?」との連絡が。


そして数時間後…
y03_01.jpg
M夫妻と愛息Y、来訪!

仕事先で帰宅難民となって大変な夜を過ごしたM美さん、父母と同じく会社から徒歩で帰った旦那さんのマルちゃん。
息子と同じく保育園で地震に遭ったY。


とりあえずお互いの無事を喜びあい、ささやかに乾杯。。。



子供達は大はしゃぎ。(の様子は以下、写真でダダーッと)
y03_03.jpg

y03_04.jpg

y03_02.jpg

y03_05.jpg

y03_06.jpg

y03_07.jpg

y03_08.jpg

y03_09.jpg

y03_10.jpg

y03_11.jpg

y03_13.jpg



あっという間だったけど、ホッと寛げた時間であった。


あんな時だったからこそ、子供の精神的な面にとって会えてとても良かった。
と、今にして思う。










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



日曜日の公園


.28 2011 公園 comment(8) trackback(0)
歩いて10分くらいの近所だけど、あんまり行かない公園へ。


mitsugi01.jpg
釣り人にものすごくフランクに話しかけるヒト。


mitsugi02.jpg
石段は、駆けて渡るが基本。


mitsugi04.jpg
よじ登って…


mitsugi03.jpg
ご満悦。


mitsugi05.jpg
駆け下りる。


mitsugi06.jpg
道なき道をゆく。


mitsugi07.jpg
そして立ち往生…


mitsugi08.jpg
お昼。渋好みの息子が今一番好きなコンビニおにぎりはコレ…


mitsugi09.jpg
『ここはおウチでーす、かーちゃんきてくださーい!…ちょっとほこりっぽいけど ごめんなさいね』←誰?!


mitsugi10.jpg
『とーちゃんとかーちゃん、ちゅーちゃんのマネして、うしろにならんで~』
…お断り申す。










これ、地震の翌々日。


子供の存在というのは、大人を否が応にも日常へと引き戻す。
家でテレビを見て涙してばかりいるのを、許してはくれない。

元気に無邪気にそしてわがままに生きる子供の存在は、自然と大人を元気にする力がある。


ニュースで悲しい話をたくさん見たが、その反面たくましい子供の姿や我が子を守るために頑張ったお母さん達の話も見た。
避難所の子供達の存在に癒されているお年寄りの話も。



子供というのは本当に、希望の光だ。


クサいセリフだけど、心からそう思う。










トゥデイズニャンズふう
IMGP0578.jpg
手でとーちゃんLOVEを表現^^










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



珍景


.27 2011 兄日々録 comment(0) trackback(0)

(・∀・)!


嬉し温かし重し…





こちらの湯たんぽもあったか~(^-^)



早く春よ来い!


今朝の湯たんぽ


.26 2011 兄日々録 comment(4) trackback(0)
珍しくりんが来た!(・∀・)



あったか~


こちらの方も結構な熱を(無駄に)発しているのだけど…



側に置いても落ち着かないのが玉にキズ(^_^;)


その有り余る元気…背中に発電装置を付けられたらいいのにねえ。



母実家徒然


.25 2011 母実家 comment(4) trackback(0)
ズーラシアンブラスコンサート後の、母実家でのあれこれ。


IMGP0522.jpg
あちゃにもらったコんガらガっちの新刊を持参して、とーちゃんに読んでもらうヒト。


IMGP0525.jpg
『みてー、めめ、おっきい?』


IMGP0526.jpg
静かだな…と思ったらソファーの陰で何やらイタズラしてたヒト。


IMGP0529.jpg
トイレットペーパーをわざどぐしゃぐしゃに…(この後もちろん母に叱られる)


IMGP0532.jpg
おひな様の細部をチェック。


IMGP0534.jpg
翌朝。
前夜は寝る前にグズグズになって母に激怒されたので、今日はグズらないと笑顔で誓うヒト。(信用度ゼロ)


IMGP0542.jpg
並んで寝かされるレンジャーやライダー達。


IMGP0545.jpg
先日のじーちゃんの誕生日に、母&あちゃからプレゼントした帽子。


IMGP0546.jpg
お昼に行ったイタリアンで、珍しくたくさん食べてゴキゲンさん。


IMGP0554.jpg
夕方、母と散歩がてら買い物に。(側溝に落ちるなよーと言ったら自ら降りた)


IMGP0563.jpg
そして公園へ寄り道。




そんなこんなの週末だったのであった。





これで、溜め込んでいた地震前の日記はお終い。
この5日後に地震が起こる。


・・・何気ない日常と元気な家族の存在に感謝。










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



ズーラシアンブラス


.24 2011 ズーラシアンブラス comment(8) trackback(0)
これまた3週間くらい前のこと。



      



この日は母実家市内の会場で、久々のズーラシアンブラスのコンサートが
zu01.jpg
6回目となる鑑賞(過去の日記はズーラシアンブラスカテゴリより)、今回は、メインの金管五重奏に加えて、パーカッション&クラリネット四重奏&サックス四重奏&フルート&ハープの大編成。
でも残念ながら息子の好きな弦ウサギはナシ。




そして今回はコンサート前に、今までにないお楽しみが
zu02.jpg
出演動物勢揃いの中から息子が選んだのは、指揮者オカピとトランペッターのドゥクちゃん(ドゥクラングールという種類のお猿さん)


ぬりぬり。
zu03.jpg
ぺたぺた。
zu04.jpg
ちょきちょき。


超デーハーなオカピ完成
zu05.jpg
そしてドゥクちゃんもどんどんキラキラに
zu06.jpg
でもこのドゥクちゃんの絵が似てなくて可愛くないと、結局完成した後もかぶらず。


そして、こちらも今まで見た事ない演出、開演前に主要メンバーが出てきてファンファーレ。
zu08.jpg
一瞬のことだったし、お面作りに夢中だった息子は全然気づかず





そして開演。
zu09.jpg
前から12列目のなかなかの良席



今回、会場の予算の都合?かどうか知らないけど、プログラムはなし。

うーん。なにやったっけ…

森のくまさん、ポニョ、金曜ロードショーのテーマソング、サウンドオブミュージックメドレー、こぎつねこんこん(曲名?)・・・他いろいろ・・・
あ、最後の曲がインザムードだったな。

やはりブラスバンド編成は音がダイナミックだし、パーカッションが入るだけでも華やかさがアップして見応えもアップ。

お約束のたくさんの小ネタも面白かったし、息子もとっても楽しそうであった





終演後。


今回はサイン会はなくて…出てきたメンバーと自由に触れ合える時間が。
zu10.jpg
息子、大好きなドゥクちゃんに家でお手紙を書いてきた
(一応、どぅくちゃんだいすき、と書いてある)
手には、以前ぴかりん達と行ったズーラシアで買ったドゥクラングールのぬいぐるみ。



そしてオカピともパチリ。
zu11.jpg
相変わらず他の動物達との撮影は頑なに拒否





そんなこんなで今回は、お面作りもあっていつも以上に楽しんだ音楽の絵本なのであった
zu07.jpg
また、次に行ける時が楽しみだね!









被災地がもう少し落ち着いたら…
是非是非ズーラシアンブラスのメンバーに、子供達へ音楽を届けて欲しいなあ。










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



こなつま


.23 2011 兄日々録 comment(6) trackback(0)
IMGP9948.jpg


最近、母一番お気に入りの息子の"言えてない"は、


『こ


茹でた青菜の、お浸しや塩昆布和えが大好物の息子。

食卓にはほぼ毎日、ホウレン草やカブの葉や小松菜のそれが並ぶ。

でも本人、何食べても最初は『これ、ほうれんそう?』と聞く。


IMGP9953.jpg


「ちがうよ」と答えると、



『あ、わかった!こ!』



本人まったく言えてない事に気づいておらず、正確に言えてると思ってるふう。


可愛いので訂正もしない母なのであった


IMGP9947.jpg


のりこちやまのせてと同じくらいのお気に入り
あ、こざな(小魚)も結構スキ^^






これ、1ヶ月以上前に下書きしてたのを発見。
(今もこなつまって言ってるけど)





被災地にも、早く子供達の笑顔が戻りますように…
保育士ら被災児童の元へ=心の傷ケア、各地から200人超―厚労省










トゥデイズニャンズりん
IMGP9941.jpg
ほわわわ~ん










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



プレーパーク


.22 2011 公園 comment(8) trackback(0)
既にひと月近く前…梅祭りの後のこと。



      



こちら、梅祭り会場と同じ公園内にある"名物プレーパーク"。
hanegi01.jpg
手作りの遊具は来る度に変わっていて、こんなワイルドな遊具があちこちに。
hanegi02.jpg
息子、ハシゴの段幅が広過ぎて登れない時点で断念


『おうちだー!』
hanegi03.jpg
と走って行った息子、中へ入って何とか上に登り(もちろん階段なんてナイ)、屋根の上に出たものの…

『・・・
hanegi04.jpg
そっからどうにも動けない。
父母が上への登り方をいろいろアドバイスするも、自分の肩まである高さを上手く登る事が出来ず。

すると…
hanegi05.jpg
優しいお兄ちゃんが無言で手を差し伸べてくれた
カッチョエー!

上からは結構急な滑り台。
hanegi06.jpg
一瞬ひるんでいた息子だが、お兄ちゃんにつられて無事滑り降りた!
こういう交流はいいねえ。

それで弾みがついた息子、楽しそ~にいろんなところへ。
hanegi07.jpg
ここ、小学生向けの高度な遊具が多くて息子はほとんど遊べなかったのだけど、半年に1度くらい来る度に遊べるものが増えてきていて成長を感じる

あちと一緒にタキギに木をくべる事にも挑戦。
hanegi08.jpg
腰が引けてる…

あちは、自分も遊びたくてウズウズ(笑)
hanegi09.jpg
ふと見れば…


この公園、子供達がみんな自由に遊んでいて、上の焚き火も子供だけでやってるし(周りに大人はいるけど、基本的には子供の自己責任な感じ。それをわかってやっているからか、ふざけたり危ない事する子供はいない)、屋根の上に登ってる子供はいっぱいいるし、木っ端やノコギリも自由に使えるようになっていて、本当にそれぞれ思い思いに楽しんでいる。
hanegi11.jpg
一番左上の写真、上部に女の子のジーパンの足が写ってるのがわかるだろうか。
その右隣で、綱渡りをしている…これ、地上から5mくらいあるよ?!すげ~!


更に、何となく和んだこんな看板
hanegi10.jpg
8月28日の帝王、くぎさしの星は…なんとウィル・ターナー?!うはははは。



そして、この公園に来ると恒例の迷路へ。
hanegi12.jpg
今回はやたら上を歩きたがる息子。
hanegi13.jpg
前は手を繋がないと歩けなかったのに…これまた成長だ!
hanegi14.jpg
息子の背より全然高い所だから、見ている母はちょっとだけヒヤヒヤ。

結構高い場所からも平気でジャンプ!
hanegi15.jpg
いやあ~大きくなったもんだ。



そんなこんなで、たーーーーっぷり公園遊びを満喫した息子なのであった
hanegi16.jpg
また行こう!



ちなみに半年以上前にココに行った時の日記
本当に成長したもんだ。





      





yukaちゃんのブログでこんなのを知った。(yukaちゃん毎度いろいろとタメになる事をありがとう!)

東日本大震災 震災報道、子供の心理に影響 親が声かけ、不安取り去る工夫


地震があったその週末以外はあんまり息子はニュースを見てはいないし、幸いにも特に不安定な行動も何もないけど…
たまに結構不謹慎な事を言ったりするので、叱りつつ地震の怖さや被害の酷さを説明したりしていた。
4歳児に説いたところで恐怖心を煽るだけだったかな………反省。


そしてsandieさんが教えてくれた、自然災害や衝撃的な事件にあったときの子供への対処法も併せて。
子どもが不安になっているサインの見方とご両親がお子さんにできること
感情の反映:気持ちを「聴く」





寒さ厳しい被災地へ、今日もまた祈りを。。。。。










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



エコ暖房


.21 2011 その他 comment(6) trackback(0)
我が家には、お湯を沸かす必要もない湯たんぽが3つ(^∀^)



…あれ?もうひとつは?



抱っこ嫌いで湯たんぽにはなってくれないりんなのであった…(^_^;)



今は人命第一だけど…

きっとたくさんのペット達が津波の被害にあったことだろう。
そして助かったペット達もきっとみんな飢えていることであろう…


救援物資募集の中にもしやと思って探したけど、ペットフードはなかった。


恐らく多くのペット達と飼い主さん達がとても厳しい状況にあるのではないか。。。


どうか動物達の命もひとつでも多く助かりますように。

できることを


.20 2011 兄日々録 comment(10) trackback(0)

とりあえずオムツとミルクとお尻拭き。


各地で救援物資の受付が始まった事をyukaちゃんのブログで知った。

東京都はコチラ東北地方太平洋沖地震に伴う東京都の支援について

その他の地域の情報はyukaちゃんのブログに★全国の救援物資受付情報(3月18日現在)



オムツは近所のスーパーでも品薄。お一人様1パック。
ここでも買い占め現象が起きているのかな。。。
ミルクは普通に売っており、お尻拭きは家に未開封のがたくさん余ってたのでそれを。


極々微力ではあるけれど、また、必要とされている限り継続して送り続けたいと思う。


梅祭り2011


.19 2011 公園 comment(0) trackback(0)
昨日の続きで、2月最後の日曜日の梅祭りの様子をば。
ume2011_01.jpg
あちゃ宅から梅祭りの公園までは、気持ちのよい緑道が続く。


到着!
ume2011_02.jpg
毎年梅祭り中はたいして咲いてなくて、終わる頃に咲き誇ってくるらしいけど、今年は良い感じ!
ume2011_03.jpg
ちなみに一昨年にも1度来ている(息子がちっちゃい!^^)



商店街の出店がたくさんあってゴザの貸し出しもあるので、席を作ってカンパーイ
ume2011_04.jpg
ラガーも春の装い


息子は風船をもらったり、あちゃにこんなのを買ってもらったり。
ume2011_05.jpg
他に、焼きそばを食べたり、
ume2011_06.jpg
綿あめを食べたり。
ume2011_07.jpg
そして、見つけた梅の種を埋めたり。
ume2011_12.jpg
先日唐突に『たね、めがでたかな~』と言っていた


天気はいいし、あちゃとあちがいるしで大ハシャギな息子の笑顔、4連発!
ume2011_08.jpg

ume2011_09.jpg

ume2011_10.jpg

ume2011_11.jpg
そんな感じで花より団子の梅祭りだけど、ポカポカ陽気の中の~んびりとビールを飲み、楽しそうな息子を見るのは何とも良い時間であった



近くでやってた伝統の玩具体験コーナーにて皿回し体験。
ume2011_13.jpg
他にもけん玉やコマ等いろんなのがあった。



そしてこの後、この公園名物のプレーパークや大迷路で、大いにおーーーーいに遊ぶのだが、それはまた後日。





      





また冷え込む予報が出ている被災地へ、今日も今日とて祈りを…

原発でがんばっている自衛隊をはじめとする皆さんにも。


ぺろちゃん?!


.18 2011 おでかけ comment(10) trackback(0)
またまたさかのぼること…もう3週間近く前、takizaki邸にお泊まりしたあとの事。



      



この日はtakizakiちゃん達とバイバイした後、母妹あちゃ&あち夫婦宅へ遊びに♪
acha_01.jpg
しかも泊まり。母と息子、ハシゴお泊まり!
acha_02.jpg
恒例、あちのギターを触らせてもらうヒト。


今回遊びに来た目的は、あちゃ宅近くの公園の梅祭り。

その様子はまた明日載せるとして、今日は2日間(土曜の夕方に来て、日曜の夜に帰った)のお家の中での徒然をば。

ご馳走になったモノいろいろ…
acha_03.jpg
左上:土曜夜に頂いたあちゃが漬けた塩豚de焼肉/真ん中右:日曜夜に頂いた(前夜から仕込んでくれた)アチ特製こだわりカレー

両方とも大変に美味しゅうございました



あちゃにプレゼントしてもらった迷路中。
acha_04.jpg
他にもコんガらガっち新刊等をもらってホクホクな息子。
acha_05.jpg
たくさんかまってもらってゴキゲン



翌朝。
acha_06.jpg
朝食のデザートに、なんと朝からアイスがもらえる事になり思わず爪先立ちなヒト。


梅祭りに行くのに、ダラダラしてなかなか着替えない息子へ、
acha_07.jpg
♪はやく~きがえて~♪
アチから、弾き語り応援ソング。



そして、梅祭りへ行ってたーくさん遊んで、夕方帰宅。



泥だらけの服を脱ぎ、お風呂が沸くまでの間、、、
acha_08.jpg
あちゃのベスト着用で待機カワエエー^^


入浴後のひとときは、
acha_10.jpg
最近一番の愛読書「スーパー戦隊 全ヒーロー図鑑」を熟読。


そして、TVを見たりしてまったりと日曜の夕方を過ごし、カレー(息子はカレーの王子様)を頂いて帰宅。


帰りの車では即オチ~





ところで・・・・・





実は、あちゃのお腹の中には息子のイトコが
acha_09.jpg
ナデナデ


7月に生まれる予定の赤ちゃん。

息子は最初から『ちゅーちゃん、おんなのこがいいから、おんなのこだとおもう!』と、希望だか予想だかわからない事を言っていたのだけど、、、医師の診断は"男の子"だった。

それを聞き、
『なんでー?!ちゅーちゃん、おんなのこだとおもったのにぃ~
と嘆いていた息子


ところが!!!


なんと最近になって、お腹の子が女の子だと判明!!!

逆ならよく聞く話だけど、男の子診断が女の子に変わるって初耳…しかもセンセイ、最初に男の子でしょう、と断言した事をまったく覚えてなかったらしい。。。大丈夫か?!(ま、その病院では産まないけど)


息子に伝えると、
『やったー!かったー!』←?
と、当然大喜び



そしてこの日、「赤ちゃんの名前何がいいと思う~?」との質問に…



『ん~…ぺろちゃん!!!』



…エェー





そんなこんなで、ペロちゃんの誕生を待ちわびる息子(もちろん母も!!!)なのであった




ちなみに…地震当日、よりによって安産祈願に水天宮に行った帰りに被災してしまったあちゃ。
ばーちゃん達と一緒で、日本橋で地震に遭遇。

そして身重の体で帰宅難民となり、何とか動き出した電車で実家に帰りついたのは午前2時近く…



無事でいてくれて本当に良かった!





      





厳しい寒さの続く、東北…(東京も結構寒い)

被災者のみなさん、、、特に妊婦さんや乳幼児がどうか早く安心して過ごせるように、今日も今日とて祈りを捧げるばかり。

そして福島で避難している人達の中でも、妊婦さんや乳幼児を優先してどうにかもっと遠くへ避難させてあげる事は出来ないのだろうか…と切に願う。




祈るしか…


.17 2011 その他 comment(10) trackback(0)
※ここに載せた、被災して赤ちゃんが意識不明…というブロガーさん。
リンクしてしばらくしたらブログが閉鎖されてしまったのだけど…

気になって情報を集めてみたら、どうやら自作自演の嘘だったらしい。。。
ブログのアクセス数アップを狙っての、という話。

信じられん…(怒

いろいろと言いたい事はあるけど、そんな不毛な時間はもったいないので忘れよう。





物資輸送現状 @16日TV
1、ある避難所に、何の前触れもなく突然米軍ヘリが飛来し、大量のレーションを置いて行った。
物は政府の支援物資ではなく、いかにも篤志米兵が急遽寄せ集めたような物ばかり。
察するに、日本政府の対応に業を煮やして、米兵たちが独自判断で行ったのではないだろうか。
まともに、申請しても、政府は余計な行動するなと言うだろう。

2、ある東北の県庁支援物資倉庫には、大量の支援物資が集積され、トラックも待機しているが
一向に出発する気配なし。上からの指示待ちとのこと。

日本人は、「災害にあっても粛々と災害に対処している」と海外から賞賛されているようだが、
日本人の悪いところは、制度に守られていないと動けないこと。独自の判断が出来ないこと。
そろそろ、餓死しないまでも、老人や幼児の死亡が頻発するような日数になって来たと思う。
ここに至っては、政府の規制を強行突破してでも、同胞を助けるべく支援すべき時ではないか?

ここから先は、「人災」



ニュースソースがわからないので事実かどうかはわからないけど、聞こえくる現状を見るととても説得力がある。


こんなニュースも。
避難所目前なのに…燃料なく物資の山も運べず



一刻も早い救援を、と祈るしかないのがもどかしい。。。



再生されるごとに寄付金が増えて行くという鳥山明の動画。

>この動画の再生により得た収益は、
>すべて東日本大震災の被災者のために寄付いたします。
>その結果は、集英社のHPや集英社が発行する雑誌上などで必ずご報告します。






今日はとても通常の日記をアップする気になれないのでこれにて。






takizaki邸モーニング♪


.16 2011 おでかけ comment(10) trackback(0)
昨日、ユニクロ会長の個人募金10億にあっぱれ!と思ったりその他有名人の募金を心強く思ったが、一方で避難所では、食料や毛布や薬などあらゆる物資が相変わらず全然足りないという報道も。

募金がちゃんと、必要なところへ必要なモノを必要十分な量になって送り届けられるシステムはいったいどこがどう管理してるのだろう?
「被災した自治体からの要請に基づいて送るのが基本」と、自治体もへったくれもなく、要請どころか連絡すらままならない避難所が多いのに、こんなお役所対応な政府担当者がいるとどこかで読んだが本当なのだろうか?

募金くらいしか出来ないのに、その募金がちゃんと役に立ってないとしたら一体どうしたらいいのか。。。


そして、原発。日本よりも海外の方が詳しい報道がなされていると知って驚いた。
爆発の危険性も日本での報道よりも前から海外では指摘されていたとか。。。
ニュースの情報だけでは何がどうなっているのか、ハッキリ言ってさっぱりわからない。
政府と東電にかなりの不安&不満を覚えるけれど、とりあえず今は命を張って何とかしようとしている現場の人達を応援するしか出来ない。


・・・とにもかくにも一刻も早く原発の脅威が取り除かれる事と、被災地への一刻も早い救援を願うばかり。
真冬の冷え込みとなってるらしい東北方面へ、今日も祈りを捧げるばかり・・・



      



takizaki邸で迎えた、上天気の朝
pika0226-01.jpg
朝っぱらからやっぱりトミカ。

息子は前夜から、ぴかりんの秘密部屋(文房具満載)もお気に入り
pika0226-02.jpg
ぴかりんとふたりで、折り紙チョキチョキしたりして、お手紙を大量生産。


そして、台所で朝ご飯を用意してくれてるtakizakiちゃんの元へ、またまた乱入
pika0226-03.jpg
またまた何だかよくわからない事で大ウケなふたり。



で、その朝ご飯は・・・・・



ピンク!!!
pika0226-04.jpg
ハワイ在住のお姉様のお土産だという、ピンクのパンケーキ!チョコチップ入り。



さてお味は?!

この、焼ける前のドピンクさ加減とチョコチップ入りな見た目で、アマアマを想像していたのだけど…

あれ?しょっぱい?!

以前、コストコで買ったというパンケーキミックスを食べた事があるが、それとほぼ同じ味。
日本のホットケーキミックスは甘いけど、アメリカのミックスは塩味がデフォ???

そんな訳で、ピンクでチョコも入っているのに塩味なパンケーキに、甘いシロップをかけて食べるという…日本人的舌には何とも不可思議な事に(笑
なんつーか、なかなか面白い食体験であった…うはは

食に保守的な息子は当然見た目で拒否。
またまたこの日もクロワッサン…




さて、食後、部屋でまた少し遊んだ後は、ぴかりんの希望でお庭へ!
汚れてもいいようにと服を貸してもらった息子。感謝感謝^^
pika0226-05.jpg
ほりほり隊。
pika0226-06.jpg
ほりほり隊員のもとに、魅力的な新兵器登場!
pika0226-07.jpg
ジャブジャブ隊。息子、ブーツがえらいことに…


そっからはもう、土(泥)遊びというより水遊びに。。。
pika0226-08.jpg
ホースって"子供にとって魅力的な日用品"の中で、きっとかなり上位だよな~
pika0226-09.jpg
ぴかりん、カワエエ


塀を挟み、ガラス部分に水をあてて興奮するふたり。
pika0226-10.jpg
最後は仲良くホースのお片づけ。


〆に、takizaki邸の密かなる人気スポットらしい、家裏(砂利がたくさん敷き詰めてある)で小石遊び。
pika0226-11.jpg
もう少し暖かい季節になったら…このふたり、お庭だけで1日遊べると思う
ああ、庭があるって素敵ぃぃぃ


で、またお家に入って、お迎えのとーちゃん待ち。
pika0226-12.jpg
布団でデングリ返し大会。ぴかりんはやる気なし(笑


とーちゃんが到着し、ぴかりんのお父さんも一緒にお昼はラーメンを食べに
pika0226-13.jpg
美味しかった♪


そしてここで解散~



そんなこんなのtakizakiちゃん&ぴかりんとの楽しい2日間。
ご馳走さま&お世話様!いろいろとありがとうでしたっ!!!
いやはや今回も、至福の2日間だったわ~♪










オマケ

takizakiちゃん制作の新商品!ポチ袋&マグネットを頂いてしまった
pika0226-14.jpg
めちゃかーわーいーいーーー!!!


そして、北海道帰省のお土産
pika0226-15.jpg
北海道限定の美味しいモノがわんさかーーー
(もうほとんど胃袋の中へ消えたけど)



どうもありがとぉぉぉぉ!!!










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



takizaki邸ナイト♪


.15 2011 おでかけ comment(6) trackback(0)
海外からの声のなかに「日本人は、こんな非常事態に整然と並んで配給等を待つのがスゴイ」というようなのが多くあるらしい。

今朝も通勤電車は節電のため、普段4~5分間隔なのが15~20分間隔。
ホームに人が溢れないようにと改札では入場制限が行われていた。
駅員がメガホンを片手に説明したり誘導の指揮を執ったり。
改札はかなりの人が待っていたけど、もちろん文句を言う人もいないし混乱もなければ押したりする人もいない。
改札が開いても走ったりすることなく、皆ただただ黙々と現状を受け止めて冷静に行動している。

別に当たり前だと思っていたけど、海外からの声を見ると、もしかしてこういうのは日本人の美徳であるのだろうか。

こんな未曾有の大災害をもって日本人の良さを改めて知るとは何とも皮肉ではあるけれど、、、




日を追う毎に酷くなる被災状況。
でも、募金はしたし、節電は心がけているし、これ以上私に出来る事は祈る以外に何もない。

mixiのお友達から、と或る議員さんのこんなブログを教えてもらった
(最新記事に続きも有り)


納得。



今日から通常のブログをアップしたいと思います。

だいぶ前に下書きしてあったtakizaki母子とのデートの続き~



      



takizaki邸に到着し、泥だらけの服を着替えさせると(takizakiちゃん、ぴかりんの大きめの服を貸してくれて、汚れた服の洗濯までしてくれた・感涙)、さっそく…
pika0225_17.jpg
トミカびゅんびゅんサーキットとハイパーブルーポリスの車に夢中。
(使い方をぴかりんからご教示賜る)

ぴかりんと会って遊ぶ・takizaki邸にお泊まり等、息子的に(母的にも)胸躍るポイントは多々あるが、"ぴかりんのトミカコレクションで遊ぶ"というのはその中でもかなりの上位に位置するお楽しみ

そんな息子を尻目に、母のお楽しみは…
pika0225_29.jpg
至福のカンパイタイム

この後、takizakiちゃん&ぴかりん&息子は入浴タイム
風呂からは楽しそ~な嬌声が。takizakiちゃん、長風呂息子のせいでめちゃくちゃ長湯になってごめんよ~


お風呂から上がって遊ぶ二人。やっぱり今回は前よりもふたりで遊ぶ率かなりアップ!
pika0225_18.jpg
それにしても、takizaki家のトミカ&レゴコレクションはスゴイ…


さて、母達はと言えば、いい調子でビールを飲みつつあれこれおしゃべり、そしてtakizakiちゃんはどんどんおいしいお料理を作ってくれていたのだが…
味見と称したつまみぐいをたくさんさせてもらう他3名。


ちびっこギャング達、台所に乱入
pika0225_20.jpg
そして、takizakiちゃんの作業に興味津々。
pika0225_21.jpg
「ぴかりん、おてつだいする~!」
pika0225_22.jpg
『ちゅーちゃんもー!』
pika0225_23.jpg
そんなこんなで…
pika0225_19*
すべてtakizakiちゃん特製品
鶏の唐揚げはこの数倍はあったけど、写真撮ってないと気づいた時には既にみんなの胃袋の中…
左下の鶏皮ネギ塩炒め、息子がバクバク食べていた^^味付けがサイコー


あ、唐揚げがいっぱい写ってるのあった!
pika0225_24.jpg
何だか意味のわからない言葉遊びで大盛り上がりして、ご飯中笑いっ放しのふたり・・・
pika0225_25.jpg
息子、大好きな鶏皮と唐揚げとニンジンで、大満足!

それにしても、ちゃんと集中して食べるぴかりんに、集中力ゼロの息子であったが…

どれもこれも、大変美味しゅうございました
いつも美味しいゴハンをありがとー!ご馳走さまー!


で、食後もやっぱりトミカ。
pika0225_26.jpg
合間合間に違う玩具やDVD鑑賞等、昼寝無しで遊び続けた割には機嫌良くすごし…


最後はtakizakiちゃんに絵本を読んでもらって一緒に就寝したふたり。
pika0225_27.jpg
takizakiちゃんが一番に寝たという噂も…


本当はtakizaki家の寝室は上階なのだけど、リビング横の部屋にワタシ達用に敷いてくれた布団でぴかりんも眠ってしまったので、結局そのまま皆で就寝!
寝室では深夜帰宅のお父さんがひとりで就寝。
pika0225_28.jpg
takizakiちゃん、しばらくして起きてきてくれたけど今度はワタシが眠くて眠くて…夜の部(?)は断念。

いつも早い時間から飲んでしまうから、takizakiちゃんとは毎度大人の時間(?)を楽しめず。


つ、次こそは・・・!





まだ続く!










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



混乱


.14 2011 その他 comment(4) trackback(0)
昨日(というか一昨日の深夜)、東京はほぼ普通に…と書いたけれど、停電による電車運行の休止や間引きの影響で、通勤時間は大混雑であった。

私はギュウギュウの満員電車に乗って会社へ来たが遅刻し、昼休みの今現在まだ会社に来れてない人も数人いる。
(来る手だてが見つからず、出社の見通しがつかない人も…)

これが4月末まで続くとは、えらいこっちゃ。

我が家や会社のある東京23区は停電は免れた。(停電区域の方々には非常に申し訳なく思う…)
でも会社では、朝から節電で暖房を入れずに、なるべく余計な電力は使わないように皆が気をつけている。



昨日、スーパーへ買い物行ったらかなり品薄でカラの棚がたくさん目についた。
肉や卵、納豆等が手に入らなかった。



金曜日の地震発生時にはかなりの揺れを体験し、異様な光景の中歩いて帰ったので自分も被災したという感覚が強かった。

家に戻り、幸いにも大切な人達は皆無事で、余震はあったが被害はほとんどなくて…その夜からずっとTVで東北や北関東の惨状を見るにつけ、その感覚は薄らいで行った。

しかし、昨日のスーパーや社会生活が始まった今日、やはりこの地震は東京にも色濃く影響してるのだと思い知らされた。



悪夢のような被災地より遠く離れた東京でもまだまだ混乱は続きそうだ。





----------





昨日、TVで…

津波に飲み込まれた町を前に佇む男性に、レポーターがインタビューする映像が流れた。

「この向こう(水没した町)に子供の保育園があって、迎えに行けなかったんです……先生が引率して避難してくれてると思うのですが、先生達とまったく連絡がつかなくて……」


また別の映像で、安否確認の掲示板の前で、恐らく私と同じくらいの年齢の女性へのインタビュー。

「息子と別の場所で地震にあって、息子とまったく連絡がとれなくて…」




胸が押し潰されそうだ。
どうかどうか、この方達を含む、全てのはぐれてしまった親子が無事に再会できますよう。





会社ではずっとラジオが付けっ放しで、東北では新たな津波情報が流れている。

東京でも午前中に1度、結構大きな揺れがあった。

地球よ、お願いだから今はもう静まって…と思わずにいられない。





----------





怪人さんのブログでワタシたちにできることを読み、私も今出来る事をしようと強く思った。


元気に生活し、少しでも他人の負担を減らす。


うん。そうだ。
元気な日本人は、普通に元気に生活する。



そして、
Twitterで投稿された、心にのこるつぶやき
で涙…


ニュースで、海外からの温かい声援をいくつか読んで泣きそうになったが、そうは言っても同じ日本人で日本に住む自分も多少の募金や援助物資を送る等しか出来ないし…と思っていた。(いや、実際そうなんだけど。)



今なお広がり続ける被害状況、TVやラジオから流れ続ける凄惨な状況、、、でも何もできない自分の気持ちの落としどころがわからなかった。



怪人さんのブログを読んで少し気が軽くなった。
(にばんめ。さん、ありがとう)






私も明日から、元気に通常のブログをアップしよう。







津波の爪痕…


.13 2011 その他 comment(10) trackback(0)
朝起きると、携帯電話に緊急地震速報が入っており、そこに"長野県"の文字。

慌ててとーちゃんを起こして長野の実家に安否確認の電話をすると、電話口からはお義母さんの「寝てたわ~」とのノンキな声が漏れ聞こえた。。。ホッ。

夜中に強い揺れはあったけど特に被害はなく、そのまままた寝てしまったのだそうな。
震源地は結構近いのに、何事もなくて本当に良かった。



----------



昨日の電車の不通で帰れなかった友人や会社の人も皆無事に家に帰れたようで、その他心配していた友人達とも連絡が取れてとりあえず一安心。

東京は、余震もたまに気づくか気づかないかの微弱な揺れがある程度だし交通網もほとんど復活したようなので、あとは福島の原発の影響で停電の心配以外は特に大丈夫そうだ。



----------



朝からほぼTVつけっぱなしで、映し出されるそのあまりにも凄惨で甚大な被害状況に声も出ない。

地震、そして津波という自然の猛威にただただ恐れを抱きつつもテレビから目が離せない。



・・・被災者の方々の恐怖や心労、心痛はいかほどであろう。

特に、、、親と会えずに不安でいっぱいになって過ごしている子供達の事を考えると…胸が張り裂けそうだ。
そして子を思う親の気持ちを考えると涙が出る。

発生の時間帯を考えると、ウチもそうだが親子バラバラで過ごしていた人達はかなり多いのではないだろうか・・・・・





高校からの友人の身内が宮城に住んでおり、昨日からずっと気になっていた。
今日その友人からメールがあり、身内の無事は確認できたとの事でひとまずホッ…

ただ、テレビを見たらその身内が住んでた町がすっかり消滅していたらしい。。。。。
「テレビの画像が信じられない。衝撃過ぎて寒気が」と。

まったく知らない土地でも鳥肌が立つのに、それが見知った土地の変わり果てた姿であったなら…
しかもそこに大切な親族が住んでいて、寸でのところで助かったと聞けば寒気がして当然だ。
そりゃ信じられないよな。。。





とにもかくにも、ひとりでも多くの方の無事を祈るばかり。
一刻も早い救助を願うばかり。


神様でも仏様でも何でもいいから、どうかこれ以上尊い命を失わせないで下さい…


地震


.12 2011 その他 comment(14) trackback(0)
KC3X00020001.jpg


今日(12時過ぎたので昨日か)、東北~関東が、ものすごい地震に襲われた。


現在テレビでは、目を覆いたくなる悪夢のような映像がじゃんじゃん流れ、被害の規模はどんどん広がっている…


宮城の津波の影響で亡くなった人の数も、嘘でしょ…?と言いたくなる人数がテロップに出ている。


余震も続いており、たまにドキッとするくらい揺れている。





私は会社でこの地震に遭い、まっすぐ立っていられない程の激しい地震を初めて体験した。

まるで揺れの激しい船に乗っているような感じだった。

会社を早退し同じ会社に勤めているとーちゃんと一緒に、2時間近く歩いて息子の保育園へ。
(道は人で溢れ、異常な光景だった)

やっと会えた息子はケロリとしておりホッと一安心。

お昼寝中に地震に遭い、『ドンッてゆれて、みんなおきたの。こわかった。』と言っていた。

『それで、おへやのまんなかにあつまってから、おとそにいってジッとしたの』

写真の防災頭巾をずっと被ったまま揺れが収まるとまた部屋に戻り、酷い余震の時はまた園庭に出て、と繰り返したらしい。

怖かったと言って少し興奮気味ではあったけど、その後はまたケロリとしていた。





その後、東京駅付近で地震に遭い、電車が不通のために立ち往生していたばーちゃん&あちゃ&えんとちゃんを車で迎えに行く事になり…
しかし、マンションの駐車場が地震の影響で故障して車が出せず。
近隣のレンタカーを借りて行こうととーちゃんが奔走したが、4軒まわってすべて貸し出し中。
最後の望みで友人に車を借りようかと連絡するも、上手く連絡がつかず。。。

電話は通じないし、メールも届いたり届かなかったりで結局何もできなかった。
(テレビの中継情報によると都内の道は10分で50mくらいしか動かないような状況なので、結果的に行かなくて正解だったけど)

ばーちゃん達は今も、やっと動き出した私鉄を使って移動中だ。

とりあえず迎えにと車で家を出たじーちゃんも渋滞に巻き込まれている。





そんなこんなで父母はバタバタ、ラジオからはいつもの陽気なピストンさんではなくて緊迫したニュースの声…の状況の中、息子は珍しくグズる事なくほとんど文句も言わず一人で遊んでくれた。

もちろんワタシも息子に状況をちゃんと説明したが、4歳児なりに、あの地震の揺れを実際に体験したなりに、いろいろと考えてくれたのかもしれない。





そんな訳で、我が家はみんな無事で元気です。

心配してメールやコメントを下さった方々、どうもありがとうございました(涙





震度5強の東京であれだけ恐ろしい揺れだったのだから、宮城ではもう想像を絶するモノであったに違いない。


どうかどうかこれ以上被害が広がりませんよう、被害に遭われた方が無事でありますよう、心から願うばかり。

そして、失われてしまった多くの命に心からの祈りを捧げます。。。。。



久々のプレイデート♪


.11 2011 公園 comment(4) trackback(0)
さかのぼること丁度2週間前、2月の月イチ通院のあとのこと。



      



梅もすっかり満開になっちゃうくらいのポカポカ陽気のなか…
pika0225_01.jpg
(つーかこの日は梅どころか桜が満開になりそうな気温だったけど)

お馴染みのあの方達と、3ヶ月ぶりのデート!
pika0225_02.jpg
月イチ通院の後に遊んでくれる方達といえば、そう。
pika0225_03.jpg
アーンド、takizakiちゃん



takizaki家近くから少しバスに乗って到着したコチラは、ぴかりん御用達の、川があって自然がいっぱいの素敵な公園
pika0225_04.jpg
いつもはお母さんと手繋ぎで渡るらしい石も、息子に続いてチャレンジのぴかりん


着いてすぐ、シートを広げて調達してきたお昼を食べ(いつも通り、こういう時は小食になる息子はサッサと食べ終わって)お遊び開始!
pika0225_05*
水辺大好き男、この川に大喜び


この広場には、遠足で来ているらしい幼稚園児(年長さん)がいっぱい。


まったく人見知りしない息子は、園児達とフランクに交流を持ちつつ…
pika0225_06*
『ちゅーちゃんが いちばんさいしょに みちゅけたんだよ!』と、お兄ちゃん達に猛アピール


場所を少し移動。とーっても楽しそうに走ったり跳んだりなふたり
pika0225_07.jpg
この公園、大人の片手大のカエルがウジャウジャ…最初は珍しがっていたけど、最後には飽きるほど
遠目で見るとカワイイ。近寄られ過ぎるとコワイ。。。


今回は、以前に増してふたりでつるむ場面が見られた成長成長!
pika0225_08.jpg
ぴかりんの遊び方が、前よりも積極的かつダイナミックになってきた感じ


ところでここ、とーっても広い(らしい)公園なのだが、移動中に息子がトイレで戻ったり何だりして…結局またもとの所で遊ぶ事に…(広さ、まったく実感出来ず)


川で釣りごっこをしたり(実際には当然何も釣れんのだから、母的には何が面白いのか理解不能…)、葉っぱや小石を落としたりが楽しくてしょうがない息子と、それに続くぴかりん。
pika0225_09.jpg
左足の裾が黒っぽいのがわかるだろうか…やるんじゃないかと思ったらやっぱり水に足を突っ込んだ
一応防水加工してあるブーツ履いてて良かった!


ぴかりんが(正確にはtakizakiちゃんが)持って来たボールで、ボール遊びも。
pika0225_10.jpg
振りかぶり過ぎておかしな方向にボールを投げてしまった息子…


そして、そろそろ帰ろうかね~な頃に息子の熱烈希望で、皆を巻き込んでの苦行タイム。
pika0225_11.jpg
遊んでた広場の横にあって、ずっと息子は行きたそうだった。母は行きたくなかったので、何とか話をそらし続けていたのだが…


はりきり番長な息子。
pika0225_12.jpg
お疲れモードのぴかりん。付き合わせてごめんね…


でも、頂上に着いたらぴかりんも俄然元気に!
pika0225_13.jpg
落ち葉の山と木の棒は、何故ここまで男児を奮い立たせるのか…


ようやく帰り道。(と言っても公園内の)
pika0225_14.jpg
強風にヘコたれるぴかりんと、依然として元気なモジモジくん。


公園の出口に、水辺大好きっ子誘惑トラップが…
pika0225_15.jpg
この後、ぴかりんも参戦。


どうにか引っぱがし、またバスに乗り、お泊まり予定のtakizaki家の近くまでようやく戻って来た。
pika0225_16.jpg
この後takizaki家に着く迄も、"川が見える橋"とか"高いけど登れる段差"とか様々なトラップを乗り越えねばならぬのだが。




至れり尽くせりだったtakizaki邸での様子は…また明日!










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



増殖中…


.10 2011 おもちゃ comment(10) trackback(0)
タイ旅行記連載中の2回の週末にいろんな出来事があり、写真がたまりまくってるのだけど・・・・・とりあえずひと休み



保育園トモダチのお兄ちゃんから、お古の玩具をアレコレ頂き、、、
IMGP9933.jpg
戦隊モノ玩具、イッキに増殖中


息子は毎日、保育園から帰ると"戦いモノ専用玩具箱"(ただのカゴだけど)に直行だ。
ピタゴラスイッチもどきやレゴやトミカはそっちのけ。


「今日保育園で何して遊んだの?」と聞けば、答えは8割型、
『たたかいごっこ』or『かめんらいだーごっこ』


今やってる仮面ライダーオーズのメダルも、とーちゃんの陰謀によりどんどん増えてるし、
(息子と同じくらい…いやそれ以上に?ハマっていて、最近発売されてなかなか手に入らないメダルまで密かにゲットして隠してある)
IMGP9932.jpg
更に、2月から新しく始まったゴーカイジャーに既にドップリハマっている息子、これまたアレが欲しいだのコレが欲しいだのと言っている。
ちなみにこないだまで戦隊ものは"ブルー"好きだったのに、今回は"レッド"がお気に入りのようで保育園に着ていく服も毎朝のように赤系を選んでいる。



そして今日も家中にこだまする電子音。
迷惑そうな猫ズ。



子供を産む前の理想、「オモチャはなるべく木の玩具だけにしたいな~」とか「キャラものは絶対買わない!」等々、等々、等々!



嗚呼。
現実はこんなもんよね。



ほとんどの理想は、"息子が喜ぶから"のひと言に崩れ去って行くのであった…


そして歴代仮面ライダーや戦隊モノにどんどん詳しくなって行く母。(突っ込みどころは満載だけど、意外とオモシロイ・笑)










トゥデイズニャンズふう&りん&茶太郎
IMGP0448.jpg
わらわら…










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



かおノート -タイ旅行番外編-


.09 2011 おもちゃ comment(14) trackback(0)
タイ旅行中の出来事だけど、タイとはまったく関係のないネタ


今回、日中に6時間も飛行機に乗ると言う事で、息子を飽きさせないグッズを事前にいろいろと用意した。


ポータブルDVDプレイヤーに子供用のヘッドフォン、息子が好きな戦隊モノのDVD等。
同じく息子がハマってる戦隊モノや仮面ライダーの付録付きの雑誌。
迷路などの遊べる絵本を3冊。
じーちゃんがDSを持ってるので、子供用のソフト。
お絵描きセット。


そして、もうひとつ。
4548718427246_400.jpg
無印良品で買ったかおノート


これが・・・
kao_01.jpg
想像以上に息子に大ヒット
(この、りんごベースの作品が母の一番のお気に入り^^)

見ての通り「シール版 福笑い」といった感じで、
kao_02.jpg
顔周辺のいろんなパーツのシールが6枚のシートにビッシリ。
本体には、輪郭のみの顔以外にも食べ物や道具など、いろんなモノが48ページ分もある。


やり始めたら夢中!
kao_07.jpg
行きの飛行機でも、滞在中のホテルでも、帰りの飛行機でもやっていて、今回用意した中で一番の活躍

いろんな組み合わせで変な顔を作るのが面白くてたまらない、といった感じ。
ページ数もシールの量も多くて長い時間遊べるので、かなり重宝した。


こりゃ楽しいだろうな~と思って買ったけど、ここまでハマるとは思わなんだ。
kao_06.jpg
また、旅行や長野帰省の時にでも買ってあげよう










これにて、今度こそ本当にタイ旅行記お終いっ!
kao_08.jpg
長々お付き合いいただき、ありがとうございましたっ










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



タイ旅行記その12 -帰路編-


.08 2011 comment(10) trackback(0)
さてさて、延々続くかと思ったタイ旅行記もやっと終わり・・・だけど、実際の旅行中はあっという間にやってきた帰国の日。


この日は5時40分に、空港へ向かう迎えの車が来るとの事で超早起き。
thai_12_01.jpg
その時間はまだまっ暗だったから、これは前日の写真。

この写真…そういえば、母のベッドにくっつけたエキストラベッドで寝ていた息子(更に落下防止で反対側にはソファーがくっつけてある)、夜中に泣いて起きて『かーちゃんが オバケにやっつけられる ゆめ みたとか言ってたっけ…それで母のベッドで一緒に寝たんだった。


寝ぼけ息子を抱っこで車まで連れて行き、早朝ドライブの間に…お目目パッチリ
先は長いんだから寝てりゃいーのに。


高速から見えた、朝焼け直前の空港。
thai_12_02.jpg
すご~く…この写真の数倍キレイだった


スワンナプーム空港に到着して出国審査を終えると、巨大な神話のモニュメントが。
thai_12_03.jpg
ヒンドゥー教の有名な天地創造神話「乳海攪拌」というモノらしいんだけど…タイって国民の9割が仏教徒という仏教国なのに、なんで敢えて国際空港の出国口にヒンドゥー教の神話なんだろう。
調べてみたけど…タイではヒンドゥー教やイスラム教が入り交じった独自の仏教が根付いているというのはわかったけど(乳海攪拌には、仏教でいう阿修羅(=大日如来)が出て来るけど、敵という扱い)、いまいち決定的な事はわからず。
タイの仏教徒の間ではこのお話は仏教のモノとして浸透しているという事なのかな。
何だかとても興味がそそられる。ちなみにカンボジアのアンコールワットにも乳海攪拌のレリーフがあるらしい。

「乳海攪拌」興味ある方はコチラ
いかにも神話らしい荒唐無稽であきれるほどのスケールのデカさ(笑)…結構面白いヨ^^


で、この方は、巨大モニュメントよりも前日買ってもらったコチラに夢中。
thai_12_04.jpg
今現在は家で完全放置されてるけどナー


この後、お土産を買い足したり、朝食を食べたりして過ごし、搭乗口の方へ。
thai_12_05.jpg
ガラス張り&メタリック&ピンクでポップな雰囲気の空港内。
thai_12_06.jpg
さらば微笑みの国、さらば熱帯気候・・・・・




そして、名残惜しみつつ楽しかったタイを後にし、機上の人となったのであった。




飛行機の中では、行きと同じくそれなりに良い子で6時間を過ごした息子。
途中で父の隣がいいと言いだしたので、母はギリギリ映画鑑賞出来てラッキー♪



ふと気がつけば、雲海の中に、
thai_12_07.jpg
ビューテホーフジヤーマ! 5日ぶりの日本!



でもって無事に成田へ着陸。当たり前だけど・・・日本、さむ!
帰り道、路肩の雪を見てビックリ。



2時間の時差、「もうこんな時間か…」とちょっと損した気分になりながら、入国審査や荷物を引き取ったりして、ここでじーちゃん&ばーちゃんとはバイバイ。


成田空港にもバイバイ。次に訪れるのは一体何年後か…
thai_12_08.jpg
超早起きだったのに、元気なヒト…でも、車に乗って間もなく










そんなこんなで、引っ張りに引っ張ったタイ旅行記、これにてやっと終了!!!我ながら長かった…
thai.jpg
なーんて言いつつ実は、旅行本編とは全然関係ない番外編がもう1コあるのだけど





あー…また行きたいっ

ちなみに息子、『タイ、たのしかったよね~』と何度も言ってて、保育園の先生にも「ちゅーちゃん、すっごく楽しかったって何度も言ってましたよ。よっぽど楽しかったみたいですねえ」と言われたくらいなのに…
「また行きたいね」と言ったら『あついから、いかな~い』と抜かしやがった…





…と、そんなオチで










オマケ
買って来た数種類のお土産の中からふたつピックアップ掲載。

空港で見つけて買ったコチラ…
thai_12_10*
タイ限定だけど、日本語!
全部配っちゃったので味はわからず。(takizakiちゃん、教えてー・笑)

そして、滞在中に行ったいくつかの飲食店で使用されてた保冷用のカバー。
thai_12_11*
絵柄が全部、タイならではなモノだったので元々観光客向けなのかな。
会社で配ったら、「ペン立て、ありがとう!」と言われたケド…










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



タイ旅行記その11 -乗り物編-


.07 2011 comment(10) trackback(0)
たしかTVでだと思うけど・・・タイに行く前から、タイ名物の三輪タクシートゥクトゥクを知っていた息子。
(追記:母妹あちゃより、2年くらい前に自分が教えたとの情報が・笑)


で、当然(?)『トゥクトゥクのりたいな~』と何度も何度も言っていた。

フアヒンでは何故かちゃんとしたトゥクトゥクは見かけなかったのだけど、バンコクではそこいらで走っている。
thai_11_04.jpg
日常な風景。


で、息子、バンコク観光中に念願のトゥクトゥク乗車!
thai_11_05.jpg

thai_11_13.jpg
ムフフ顔…


普通は2~3人乗りだと思うのだけど、「オッケーオッケー」という運転手のオジサンに無理矢理詰め込まれ…
なんと大人4人プラス息子の5人で乗車。
座席に3人、息子膝の上、1人足元に置いてある台に。
thai_11_12.jpg
ぎゅうぎゅう


・・・・・さすがタイ!


で、息子くん、初めてのトゥクトゥクの感想は?

乗ってすぐは『すごーい!はやーい!』と興奮気味。

でも、バンコク名物の渋滞に巻き込まれ…
thai_11_06.jpg
『・・・』
眠くなってしまった模様





ところで、すこーし時をさかのぼり…

ちゃんとしたトゥクトゥクは見かけなかったと書いたフアヒン。


でも、こんな小型トラックの後ろが座席になっているトゥクトゥク風なタクシーはあった。
(これはバンコクでも何台か見かけた。)
thai_11_01.jpg
ああ…フアヒンの写真を見ると、現実逃避で遠い目になってしまふ…


で、息子がずっとコレに乗りたがっていたのだけど、フアヒン最終日の夜にこれまた念願叶っていたのであった
thai_11_02.jpg
イソイソ。
thai_11_14.jpg
ドキドキキョロキョロ…
thai_11_03.jpg
昼寝後で元気&渋滞ナシでゴキゲン!
敢えての後ろ向き側の席で、景色も良く見えて楽しげ。


トラック、本星だったトゥクトゥクよりも良い反応?!





そしてまたバンコクに時を戻し…


滞在中に、バンコク観光編で載せた渡し船&遊覧船の他に乗った現地の乗り物と言えば。


バンコク市内を走るモノレール、BTS。
thai_11_07.jpg
コインを入れたくて入れたくてしょうがない息子。

20年くらい前に何度か来た時はなかったんだよな~
thai_11_08.jpg
路線は2つ。バンコクの、世界的にも有名な渋滞を避けるためには必須の交通手段。

車体はタイ国旗カラー。
thai_11_10.jpg
『いちばんまえいきたい~
一番前で外を見るのが好きな息子(てか男児は皆そうか)がウルサイので、前に行ったが残念ながら窓はなかった

すると、混み目の車内ですかさず席を譲ってくれる青年。

こないだも書いたけど、タイは子供に非常~に優しい国で、電車に子連れで乗るとすぐに席を譲ってもらえるという話は聞いていた。
日本じゃあり得ない!

おお~これが!と目の当たりにしてちょいと感動(笑
赤ちゃんやヨチヨチの子連れならまだしも、こんな元気な4歳児にも席を譲ってくれるとは…

で、ありがたく座らせてもらった息子に、両隣の女性達から興味津々の温かい(熱い?)視線…
子供好きな人が本当に多い。

その直前に大好きなハイチュウを食べたし、席も譲ってもらったしで息子はゴキゲン。
周囲の熱い視線にお応えして(嘘・本人は全く気づいておらず)、ニコニコと笑顔ふりまき(母に対してだけど)、小声で歌まで披露して密かに注目され、降りる駅までたくさんの笑顔に見守られた息子なのであった
知らぬは本人ばかりなり。



そして…
thai_11_11.jpg
思い出に買ってあげたトゥクトゥクの玩具に大喜び




他にも、ピンク色のタクシー(そこら中に走ってる)、バイクの多数乗り(3人とか4人とか…)や、2人乗りでも後ろの女性が横乗りだったりとかに興味津々な息子。
ちなみに以前来た時は低かったヘルメット率、今回は運転手はほぼ皆ヘルメットを着用していた。





乗り物好きがDNAに組み込まれてる男児には、バンコクは結構楽しいかも?!
船にも簡単に乗れるしね。





そんなこんなで明日はやっと帰路編!ふぅ。










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



タイ旅行記その10 -バンコク観光編-


.06 2011 comment(8) trackback(0)
タイ旅行記、ついにその10まで来てしまったけど・・・まだしつこく続きマス


お寺を2つ観光し、チャオプラヤ川沿いのレストランでお昼を食べた後は…

また、船着き場へ。
thai_10_01.jpg
船着き場手前の、船の水槽にひしめく鯉に興味津々なヒト。


渡し船が気に入った息子の『おふね、もっとずっとのりたい!』の声にじーちゃんが応えてくれ、
thai_10_02.jpg
貸し切りの観光船に乗る事になったのだ

これでバンコク市内を1時間クルーズ。
ちなみに一艘で1000バーツ。(1バーツは3円…つまり大人数で換算するとひとり750円)安っ!


こんな感じで細長~い船体。
thai_10_16.jpg
後ろには、不釣り合いな程デカいエンジンが積まれていて結構なスピードが出る。
それなりに水しぶきがかかるので、カメラが濡れないかとドキドキしながら撮影


さて。船に乗りたかった息子くん。
thai_10_12.jpg
ショボイ顔…この船、船着き場に横付けしたのを係員さん達が押さえてくれてる隙に、船着き場からひょいと跨いで乗らねばならない。
息子は抱っこで受け渡ししたのだけど、それが怖かったと言って最初はちょいとビビリ気味。
おまけに川幅が広いところはかなりのスピードだ。


それでも次第に慣れてきて、楽しい?と聞くと『たのしい!との答え。
thai_10_04.jpg
地上は暑かったけど、川の上は風が気持ちい~い


そして船は細い支流に入ってスピードを少し落とし、両岸には普通に暮らす人々の家や商店、たまに寺院などが。
thai_10_15.jpg
延々とこんな感じの景色が続くのだけど、異国情緒が目に楽しく、川風は心地良いしで飽きない。

…のは大人だけ?!

息子はボーッと無言で景色を眺め、、、
thai_10_17.jpg
お昼後とあって、この後は母に抱っこでトロンと眠そ~な顔。
揺れも川風も良い具合だしねえ。


しかし、あっという間に時間は過ぎ、またチャオプラヤ本流へ戻って来た。
thai_10_13.jpg
ワットプラケオ(王宮)が見えた!

川幅が広がると、途端にすごいスピードを出す船。

息子の眠気もイッキに醒めたようで、また元気に


そんなこんなで思ったよりも短かった1時間のクルーズ。
thai_10_08.jpg
「お船、どうだったー?」
『たのしかったー!』
眠そうだったけどナ



そしてこの後、お土産探しにマーブンクロンへ。
thai_10_14.jpg
買い物の合間に、その場で作ってくれるフレッシュなマンゴージュースやスイカジュースで休憩中。
こういう美味しいジュースが激安で飲めるのもタイの魅力のひとつ!


その後また別の場所で、母が行ってみたかったお店を探してる途中、息子、疲れて抱っこモード。
じーちゃんがおんぶで歩いているウチに眠たげな様子に。
(ちなみにやっと見つけたお店は定休日だった…)
で、戻る道すがら母が抱っこして歩くうちに撃沈
めちゃくちゃ重かった…


食べ物編で書いたけど、歩いて疲れた大人達は目についたイタリアンレストランに入り、息子はそのまま…
thai_10_10.jpg
帰りのタクシーで目を覚まし、とーちゃんとホテルの部屋へ。


一方、まだ買いたいお土産が残っていた母は、ばーちゃん達と引き続き買い物に繰り出した。
ジムトンプソン本店へ行き、その後少し露店を見ながらウロウロ。
時間があればナイトバザールに行きたかったなあ。



そして、息子の事が気になりつつも…タイに来てこれを受けないなんて有り得ない!と、ホテルの目の前のお店で30分ほどリラックス
thai_10_11.jpg
本当は1時間コースか、全身のタイ古式マッサージを受けたかったけど、息子が待っているので断念。

ちなみに足マッサージ1時間コース250バーツ(750円)、全身1時間の古式マッサージは200バーツ(600円)!!!
日本じゃ考えられない値段だ
安くても5倍くらい?高級なとこだったらゼロが1個増えるかも…タイ旅行したらマッサージは絶っ対に受けるべきっ!



そしてスッキリして部屋へ戻って、バンコクでの貴重な1日が終了。
息子は『かーちゃん かえってくるまで ねない!』と絶好調で待っていたのであった…



明日はちょっとオマケ的に乗り物編をば。
タイ旅行記、あと少し!











ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



タイ旅行記その9 -バンコク観光・お寺編-


.05 2011 comment(4) trackback(0)
さてさて、タイ5日目。

前日は夕方近いバンコク着だったし、この翌日は早朝に空港へ向かわねばならない。
なのでバンコク観光を楽しめるのはこの日だけ=実質タイ最終日。

朝食後、ホテルの裏からちょこっと外へ。
thai_09_19.jpg
とーちゃん、真っ赤…(日本に帰ってから真っ黒になってボロボロ皮が剥けまくってエライことに)

目の前の"女王様の公園"で朝の運動~
thai_09_20.jpg
この前後、雨がちらついていたけれど行動開始した頃には晴れて来てホッ



そして・・・バンコク観光スタート!
(本日、写真かなり多め)



まず向かった所。
thai_09_01.jpg
『・・・?』

息子が無言で(前から見ると口を開けて)見上げているのは…


どどーん!
thai_09_02.jpg
大寝釈迦仏!
thai_09_03.jpg
コチラ、バンコク市内にある、ワットポーという有名なお寺。
ワットはタイ語でお寺。日本人からは「涅槃寺」と呼ばれている。
寝姿の金ピカなお釈迦様、その全長は49mで高さは12m。
thai_09_04.jpg
息子は、なんだこりゃ…と言った感じで見上げている
お釈迦様の足の裏の螺鈿細工(ひとつ上の写真の右下)を見て…
thai_09_05.jpg
何故か自分の足の裏を確認

丁度観光バスが到着したか何かですんごいゴッタ返しており、あまりいい写真撮れず…

お釈迦様の裏側には、108つの鉢。ここに、すぐ横で売ってる硬貨を入れて煩悩を消していく。
thai_09_06.jpg
息子、何故かひとつの鉢に硬貨を何枚も入れてしまい、途中で硬貨終了
煩悩、多数残留。。。チーン


このお寺はタイ古式マッサージの総本山としても有名で、敷地内に施術所もあるのだけれど…息子がいるのでスルー。


人混みがすごかったし、暑かったしで早々に外へ。



で、次の目的地へ向かって近くの船着き場に行く。
thai_09_07.jpg
この川は、バンコクの母なる流れ、チャオプラヤー川

川に浮いてる船着き場、結構揺れるので息子ちょいとビビリ気味
一番下の写真、後ろに見える建物は先ほど行ったワットポー。(対岸から撮った)


そして船へ。
thai_09_16.jpg
ビビリながらも一番前がいい!と最前列に陣取る。

これは対岸への渡し船なのでほんの5分くらいの乗船。
その間に息子、船が気に入ったようでもっと乗りたい!と言い出す。。。


で、この渡し船に乗って目指したところは、
thai_09_09.jpg
ワットアルン

三島由紀夫の小説の舞台になった事でも有名で(読んだ事ないけど)、日本では「暁の寺」と呼ばれている。

バンコク観光でははずせない、ワタシの大好きなお寺だ。
thai_09_10.jpg
美すぃ~

何とも言えない顔の猫(…だよねえ?)
thai_09_11.jpg
日が当たる所は、かなりの暑さ。

ワットアルン、一応上の方まで登れるようになっているけど、、、
thai_09_12.jpg
ものすごい急な階段
IMGP9669.jpg
階段の急勾配もものともせずに、大はしゃぎで登って行くヒト。

踊り場ごとに、ぐるりと建物を1周出来るようになっている。
IMGP9672.jpg
息子、ズンズンズンズン行ってしまう…

川の向こうには、先ほど行ったワットポーが。(…って川、隠れちゃって見えないけど、すぐそこ)
IMGP9675.jpg
景色、綺麗だったのにマトモに写ってるのこれくらいしかなかった



で、せいぜい1階分登るくらいで満足な大人達に対し…

無謀な幼子が1名 (付添人はじーちゃん)
thai_09_13.jpg
更にこの上に登ろうとするので、ヤメトケー!と大声で制止

踊り場を1周してやっと降りて来た。
thai_09_14.jpg
この急な階段を降りて来るのを見てるだけで、最近高所恐怖症気味の母はかなりゾワゾワしたよ…


そんな感じで、駆け足ながらも有名な寺院2つを観光。
thai_09_15.jpg
また渡し船に乗って元の場所へ。


今回は行かなかったけど、これにワットプラケオ(王宮(エメラルド寺院))をプラスした3寺院は、バンコクに来ると必ず行く観光スポット。

タイのお寺、日本のお寺とはまったく雰囲気が違う。
色彩が豊富でどことなく愛嬌があって、何度行っても面白い
(もちろん日本の寺も良いけどさ)
やっぱりワットプラケオも行きたかったな~





そしてバンコク観光、まだ続く也。
タイ旅行記、いつまで続くのか…









ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



タイ旅行記その8 -バンコクで再会・後編-


.04 2011 comment(4) trackback(0)
すっかり日も沈んでしまった、タイ4日目。


お風呂からあがった息子達、また少し遊んだ後は、タイマッサージに行ってたじーちゃん&ばーちゃんも合流して夕飯を食べに。
thai_06_08.jpg
ずっと前から一緒に遊んでいた友達のように馴染んでいる3人


で、一昨日の食べ物編にチラリと書いたけど、日本食のお店へ行って子供達はうどんやら蕎麦やらを注文。
ここ、バンコク赴任時のじーちゃんの行きつけのお店。
thai_06_09.jpg
遊びたくてしょうがない&食が細ってる息子、数口食べて『もういらない』
元々小食らしいアセイくんとカイくんも半分くらいで遊びに。

割り箸の紙で紙飛行機を折って遊んだり、仲居さん(タイ人)に遊んでもらったり、座布団を敷き詰めてでんぐり返し大会したり。
thai_06_10.jpg
グズグズ大魔王な息子も、一度母に怒られただけで後はみんなとーーーっても楽しげ個室で良かった…

大人達は日本酒を飲みながら、とっても明るくて気さくなひろえちゃんと談笑。


ところで。
タイ人は子供にとっても優しい人が多く、子供好きの国民性が知られているのだけど…このお店でそれを実感。
それまでも、いろんなところで息子に優しく笑いかけてくれたり声をかけてくれたりはした。
子供達のためにぬいぐるみや玩具を持って来てくれたり、ちょっと面倒をみてくれたり。
更に息子、仲居さん達にすっごく気に入られて何度も抱きしめられて頬ずりされたり(笑
最後にはホッペにチューまでされて…

ここからホテルに戻るまでもタイマッサージ店が軒を連ねる道で、客引きしているお姉さん達(と言ってもヘンな店じゃないヨ)に、何度も何度もほっぺをツンツンされた息子。
翌日も、道行く明らかにオカマっぽい人とかにほっぺをツンツン


息子のほっぺ、タイ人女性に大人気?!


さて、そんな帰り道の途中。3人が一斉に足を止めた場所。
thai_06_11.jpg
高架の上から工事現場を観察…どこの男児も好きなモノは一緒だなあ。

ホテル近くの路上で売ってた"光る羽を飛ばす玩具"を、じーちゃんが皆に買ってくれた
フアヒンの路上でも売ってて息子が気になっていた。
thai_06_12.jpg
アセイくんは、さすが!という感じで上手に飛ばし、カイくんはママに手伝ってもらい、息子は…独自の方法で飛ばしていたら、すぐに壊れた


そしてホテルへ戻って、またひろえちゃん達のお部屋へお邪魔。
thai_06_13.jpg
お土産に買って来た戦隊ヒーロー雑誌にみんな夢中…滅多に会えないのだからもっとコミュニケーションを取るよう勧める母達の助言は彼らには届かず…
ま、それでも何やかやとおしゃべりはしていたけど。カイくんと息子の会話が微笑ましくて可愛かった~ふたりはなかなかいいコンビだと思う


そして、夜も更けて来てしまったのでここでバイバイ。
翌朝はひろえちゃん達は朝早くシラチャへ発たねばならず。
thai_06_14.jpg
ブレブレだけど、カイくんとハグ!
アセイくんは相変わらず雑誌に夢中(笑



そんなこんなで、短時間だったけど、とーっても楽しいひとときだったのであった
息子もこの時の画像を帰りの飛行機で何度も何度も見返していた^^



ひろえちゃん、わざわざバンコクまで会いに来てくれて本当に本当にありがとうね!!!
お土産もたっくさんありがとう!
次はまた日本でゆっくり会いましょっ!











ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



タイ旅行記その7 -バンコクで再会・前編-


.03 2011 comment(6) trackback(0)
タイ滞在4日目、午後イチでフアヒンを出発し、車で約3時間かけて大都会へ戻って来た。


バンコク…言わずと知れたタイの首都。
でも"バンコク"と言うのは外国人がここを呼ぶ時の名称で、本当は現地名はクルンテープマハーナコーン…(以下、もっと続く…世界一長い都市名だとか。詳細は)といい、現地の人はそれを略して"クルンテープ(天使の都)"と呼ぶらしい。
この、クルンテープ=天使の都、ってのがワタシはとても気に入っていて、バンコクという名よりもよっぽど素敵だよなあ、といつも思う。


-----閑話休題。



ホテルにチェックインし、まずはひと息。
移動の車でたっぷりと昼寝してきた息子は絶好調。

そして…兼ねてから楽しみにしていた…ホテルの違うお部屋を訪問!!!
(訪問するまでにいろいろと行き違いがあって大変だったのだけど・笑)

そこで待っていてくれたのは、
thai_06_01.jpg
ブログ友達のひろえちゃんと、愛息アセイくん(6歳)カイくん(4歳。息子と誕生日は約2週間違い)

夏に日本で会って以来(その時の様子はコチラ)、丁度半年ぶりの再会


旦那さんがタイ人で、シラチャというバンコクから100kmくらいの所の街に住むひろえちゃん一家。
ちなみにじーちゃんも一時期赴任していた事がある街。

この日、わざわざ同じホテルを取ってバンコクまで会いに来てくれたのだであった

早速アセイくんにお手紙をもらう息子。
thai_06_02.jpg
マトリョーシカのようにどんどんと出て来る紙の最後には「なんさいですか?」の質問と、「○さい」と答えをかくスペースがカワエエー
ちゃんと4と書かせてお返しシマシタ(笑


そして、部屋で少しお話した後は、プールへ行ってみることに。
thai_06_03.jpg
『みて、ここは おんせん!』
と、フアヒンに続きひとりでは絶対に足がつかないプールには入らない息子。

一方のこちらは!!!
thai_06_04.jpg
この兄弟、水の妖精!!!(?)

お兄ちゃんのアセイくんは、抜群の運動神経の持ち主で、水泳だってお手の物。
ビックリするくらい素晴らしい泳ぎを見せてくれる。

でももっとビックリなのは…息子と同い年のカイくんも、浮き輪も何もナシで平気でひとりで足のつかないプールへドボン!
そして、犬かき状態ではあるけれど、しっかりと泳ぐ。

泳ぎ中に溺れかけそうになっても、上手に力を抜いて浮けるので、余裕の笑み

ひろえちゃんのブログで、ふたりがまったく水を怖がらないで泳いでるのはよく見ていたけど、実際に目の当たりにして本当にビックリ!

で、ビックリしたのは父母だけではなかったようで…


あれほど頑なにひとりで深いプールに行くのを拒否していた息子、もちろん浮き輪付きだけど、ひとりで深いプールの方へ!!!
thai_06_06.jpg
いや~、同年代のオトモダチの影響ってスゲー
もしフアヒンでカイくんと一緒だったら(当初はその予定だったけど諸事情でバンコク逢瀬に)…息子、泳げるようになってたかも?!

しかしこの時、既にもう日が翳ってきて、さすがのタイでもプールに入るにはちょいと肌寒い気温。

ひとりで行けたのが嬉しくって泳ぎまわるヒトとは反対に、いつも泳いでいるアセイくんとカイくんは…
thai_06_05.jpg
「さむい…」

暑い時間にもっとたくさん入れたら良かったねえ。いずれ是非!
息子に泳ぎを教えてー!


そして、先に部屋へ戻ったアセイくんとカイくん。
ふたりがプールから出て行ったのを見て慌ててあがり、後を追いかける息子。

冷えた体を温めにお風呂へ入っていた兄弟に混じらせてもらい…
thai_06_15.jpg
楽しい楽しい入浴タイム。
thai_06_16.jpg
息子の足はどーれだ?^^



長くなるので、この後の夜の部は後編で!









オマケ
今日はひな祭り~
KC3X0002_20110303084826.jpg
保育園に飾ってあった息子の作品カワエエ♪










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



タイ旅行記その6 -食べ物編-


.02 2011 comment(6) trackback(0)
今回の旅行前、食べた物は全部写真に撮ろう!と意気込んでいたワタシ



…が。

まず初っ端、撮る気満々だった機内食を取り損ね(食べ終わって片付けられた後にハッと思い出す)、その日の夕食も、終盤になってやっと思い出し…

結局そのままずっとそんな調子で、何枚か収めたものはとーちゃんやじーちゃんに「写真はいいの?」と言われてアセって撮った数枚のみ。。。
(唯一、フアヒンのホテルでの朝食は3日あったので何とかマトモに撮れた)

食レポブロガーには絶対になれんな…


まあでも一応(と言う割には長いけど)、食べ物編をば。



最初に…

滞在中、昼夜毎食欠かさず皆で飲んでたのは、
thai_05_01.jpg
もちろんタイのビール!シンハー。
日本で飲むとハッキリ言ってイマイチなんだけど…やっぱり現地で飲むとまいうー



タイに着き、フアヒンへすぐ移動して夜遅くなってしまった初日の晩ご飯は、ホテル近くのレストランで。

昼の機内食を拒否し…朝からほとんどマトモに食べてなかった息子は…
thai_05_02.jpg
タイ米 with 持参した仮面ライダーオーズふりかけ。
(下にも書くが、ほとんど食べなかったけど…

大人は、ヤムウンセンやらシーフードの炭焼き、グリーンカレー等。
(ほとんど食べた後に写真撮ってない事に気づく)


    

今回の旅で、一番の懸案事項は息子の食事情。

もともと食に対してかなり保守的で(父似だ!)、見慣れない物や初めての物は大抵拒否。
おまけに家以外の場所だと、興味が食欲以外へ行ってしまって小食になる傾向が。
さらに、好物は素うどん、昆布のおにぎり、煮物やおひたし等…渋い舌の持ち主である息子。。。
基本、醤油味がスキ。


そんなヤツが、大興奮の旅行先でタイ料理など食べるはずもなく。
食べるとしたら、ご飯(タイ米)と、辛くない麺料理くらいだろうなあと。
後は、困った時のパン頼みか。(パンも、シンプルなクロワッサンと食パンとバターロールくらいしか食べないけど)


そんな訳で、
・前出のふりかけ
・生協で売ってた1ヶ月くらい日持ちするクロワッサン(10個くらいの箱入り)を箱ごと
・野菜はひとくちも口にしないであろうから野菜ジュースを日数分
更に、非常食としてフリーズドライのわかめごはんとおにぎりも持って行った。
(yukaちゃんオススメのカップ麺、すっかり失念して持ってくの忘れた…持って行けばもう少し彩りある食生活になったかも…)


そして結果は。


予想通り、現地の物はほとんどの物を拒否して食べなかった息子。
大好きな麺料理にもイマイチの反応だし、結局上記写真のふりかけご飯もタイ米が嫌だったようで数口しか食べず。
ちなみに日本で本格的なタイ料理の店に行った時は、タイ米のカオマンガイや辛くないタイラーメン等は息子も食べていたんだけどな。


フリーズドライの出番はなかったけれど、クロワッサンは帰る時には残り1個となっていた。。。


よくもまあ腹が減らんモンだと感心すら覚えたよ。

    


…ま、そんな息子のことはさておき。

お次ぎはフアヒンのホテルで3回食べた、朝のバイキング
thai_05_03.jpg
真ん中左は屋台風に麺料理を出してくれるエリア。右はその場で果物や野菜をミックスジュースにしてくれるジューススタンド。
フルーツコーナーはさすがの充実具合だけど、一番のお目当てのマンゴーはナシ。


欧米人が多いからか、パンの種類はかなりの充実具合。
洋風なオカズや目の前で焼いてくれる卵料理コーナー、そして日本コーナー(味噌汁&のり巻き数種)、タイ料理コーナー(ご飯に、炒め物やスープ数種類)等々。

アレもコレも食べたくて迷う母を尻目に、息子は毎朝頑なにクロワッサン&ドーナツ。
プラス…最終日にちょこっと生姜焼き風な味のお肉とご飯を数口。
あとは味噌汁やスープを少し飲んだ以外フルーツも含めて全部拒否。
旅行中このヒト、クロワッサンを全部で何個食べたんだ?
thai_05_04.jpg
ちなみに息子程ではないけど同じく食に保守的なとーちゃんは毎朝、右下の皿+ご飯と味噌汁。

左下&右上は別の日のワタシの。

タイならではなメニュー(大好きなパクチーどっさりトッピング)も、ホテルバイキングならではの洋食メニューも捨てがたいっ美味しかったなあ~

ちなみに写真に写っているオレンジジュースは、昔からタイに来る度に楽しみにしているモノのひとつ。
緑色の小さなミカンを絞ったすっごく美味しいオレンジジュースなのだ
日本で売ってる柑橘類に例えると…タンカンに近い味かな。


朝バイキング中のヒトコマ。キッズエリアを見つけて、TVに見入る息子。
(いろんな種類のコーンフレークが置いてあって、子供はここで食べれるようになっている…誰も食べてなかったけど)
で、息子が『かーちゃん、ちゅーちゃん、ここでテレビみてるからね』と大声で言うと、日本語が珍しかったのか東洋人が珍しかったのか…
thai_05_05.jpg
白人系なお子ちゃまに、かなりの長時間凝視される息子なのであった
本人は全く意に介してないが。



こちらは2日目のお昼。外に出るのが面倒でホテルのプール横でランチ。
thai_05_06.jpg
息子、滞在中唯一食べたタイ料理、鶏だしのサッパリした太い汁麺。
母は大好きなグリーンカレーかなり辛かったけど美味しかった~


そしておやつはプールサイドで売っていた、でっかいアイス。
thai_05_08.jpg
アマアマだけど美味!ボタボタこぼしながら、ほぼひとりで完食。
これ以外の日のオヤツは、日本から持ってった小袋のスナック菓子等をちょこちょこ。


で、2日目の夜
thai_05_07.jpg
ちゃんと撮ったつもりだったけど、カメラの絞り値の設定ミスで何だかよくわからんな…

ちなみに、ヤムウンセン、ナゲット風なフライドチキン、ガーリックトースト、魚介や肉や野菜を炭火で焼いたものなどなど。
新鮮な魚介をただ炭火で焼いただけ(でも美味)ってのを出す店がホテルの周りには多かった。

この店でウッカリ値段確認せずに頼んで、会計時にビックリした大エビがタイ滞在中で一番美味しかったかも…
タイのバーツ、1バーツ=3円。ホテル周りの観光客向けレストランでも、1皿100バーツ~300バーツ平均くらいだったかなあ。そんな中、このエビはななななんと1500バーツ!!!

この日息子は、ガーリックトーストとフライドチキンのみをパクパク。

今思えばこの時が一番食べたかな。普段に比べたら全然だけど…



3日目の昼は、昨日載せたビーチの海の家風屋台でフライドライスやイカリング…かと思ったらタマネギだった揚げ物など。息子は持参したパンと、果物売りのおじさんから買ったマンゴーのみ。(マンゴー、超美味だった!)


で、3日目の夜、フアヒンでの最後のディナーは海辺のちょっとオサレなレストランへ。

屋外の雰囲気のある席で。
thai_05_09.jpg
他にもトムヤンクンとかシーフードフライドライスとかいろいろ食べたけど、写真これしかなかった。

で、この日の息子の夕飯は・・・ポップコーン しかも。
thai_05_10.jpg
メニューに"BIG POPCORN"とあったので、大きいんだろうなとは思っていたが…
なんと、30cm×20cmくらいの紙袋にドーンと入ってやってきた。

バター&シナモン&タイ風の辛いソース付き(写真の息子はバターを付けて食べてる)

既に結構な量の料理を頼んでて皆ほとんど食指が動かず、すっかり食が細ってる息子もそんなには食べず…
お持ち帰りしたものの、熱帯雨林な気候のせいもあって翌朝には湿気て食べる気にならずもったいない。

結局この夜は息子、イカのフリッターひと切れとホップコーン少量で夕飯を済ませたのであった。



4日目、午後イチで、フアヒンからバンコクへ移動。

その前にみんなで簡単な昼食(ピザ)を食べたけど、息子は食べずマンゴージュースのみ。
thai_05_11.jpg
濃厚で美味!


4日目夜はバンコクで日本食レストランに行って、好物のうどんを注文するも……訳あって食欲よりも魅力的な誘惑があって数口しか食べず。結構美味しかったのに。(その訳はまた明日)
つまりこの日は息子、朝のバイキングでクロワッサンとドーナツを食べたっきり、ほとんど何も食べてない…



5日目、バンコクのホテルの
またも、クロワッサンと、クラッカーのチーズ乗せ。
thai_05_12.jpg
息子、お疲れ顔?
フアヒンに比べてイマイチのバイキングで、他に特に写真は撮らなかった。


5日目、バンコク市内でのお昼はチャオプラヤ川沿いのレストランにて。
thai_05_15.jpg
ピザやサンドイッチやパスタを皆でシェアした軽いランチ。息子、パスタを数口だけ。


そして、5日目の夜=タイ旅行最後の夜は……たまたま入ったイタリアンレストラン(でもちょっとタイ風)で、大人がいろいろ堪能している間、息子は
ホテルに帰ってから、またまた日本から持って来たクロワッサンのみで夕飯を済ませる息子。。。
この日もヒドイ食生活。



6日目の日本へ帰る日は、早朝で朝ご飯は空港のカフェにて。
そこでも…またまたクロワッサンの息子
タイまで来てここまでクロワッサン漬けのヒトってフランス人でもいないんじゃなかろうか。




そして・・・機内食では、日本のご飯にひじきの煮物、白身魚の和風野菜あんかけをペロリとたいらげ、数日ぶりにマトモな食事にありつけた息子なのであった
良かったねえ、食べれる日本食メニューで。ちなみにその日の家での夜ご飯は牛丼!





てな訳で、滞在中の食日記を長々イッキに書いてみた。

今回はほとんど現地の人が行くような食堂や屋台に行ってないので、誰も腹を壊す事もなく。

やはり偏食気味のチビ連れでの海外旅行の食事は大変だな~
…まあ、本人は旅の興奮が勝ってたのか、空腹を訴える事はほとんどなかったのだけど。





食べ物編、という事でバンコクの事まで長々と書いちゃったけど、フアヒンが出て来るのはここまで。
thai_05_13.jpg
ああ…フアヒン良かったな~…



明日からはバンコク編!










ランキングに参加中デス
1日1回クリックして頂けるとポイントが入ります



 HOME