4年生最後の読み語り


.08 2017 読み語り(小学校) comment(6) trackback(0)

昨日は今年度最後の読み語りボランティアに行ってきたざんす。

読んだ本はコチラ



中国のむかし話よりむかしむかしとらとねこは…

>むかしむかし、トラとネコは山のなかで暮らしていました。そのころ、トラはいまと違って、とてものろまで、狩りをするのが下手でした。いっぽうネコは、トラよりずっと体が小さいのに、毎日、たくさんの獲物を捕ってくるのです。そんなネコの姿をみるたびに、トラは、「いいなあ……おれもあんなふうに上手に獲物が捕れるようになりたいなあ!」と、思っていました。そこで、「狩りの方法をこのおれにも教えてくれよ!」と、ネコに頼みました。あまり熱心なので、ネコはとうとう教えることにしました……。自然界では、ネコやヒョウなどのネコ科の動物は木に登るのが得意で、ライオンもときどき木に登ります。ところが、トラだけは例外的に、ほとんど木に登ることがありません。このようなトラとネコの生態をよく知っている中国の人々が生み出した昔話を、絵本にしたものです。

IMG_4265.jpg

今回もアレコレ迷ったんだけど、あっちゅんがコレがいい!と熱烈推しだったので。笑
あ、兄さんも同意してたけどね。

お話の長さも丁度良く(決められた時間は10分)、絵も読み聞かせ向きのダイナミックな見やすい絵。
そして何よりも、ラストに意表をつく大ドンデン返しが待っている。

子どもたちは今回も真剣に聞き入って、ドンデン返し場面では、小さく息をのむ声やクスッと笑い声。
楽しんでくれたようでヨカッタヨカッタ。


ただ…

間もなく5年生の子どもたち。
やはり少しずつ反応が違ってきてるかなーという印象。

大きい子どもがいて長年読み聞かせをやってるママさんから「高学年になると、読み終わってもシーンとしてたりシラーッとしてたりするようになるよ」と聞いてたのだけど、まさにそういう感じが少し感じられるように…

今回の読後の感想発言タイム、以前ほどは積極的に手も挙がらず(でも別につまんなかったとかそういう雰囲気でもない)、やはり低学年の素直さはなくなっちゃってきてるのかな、と。
(今回もにーにのお友達に混じってYの隣で聞いていたあっちゅんが一番お目目キラキラで聞いてくれてた。笑)

今回の絵本が、少し幼かったかな〜
いやでも、兄さん家で十分楽しんでたし、大人も楽しめる系だしな〜

等々も考えたけど、おそらくそういうことが問題ではないんだろうな。

一応来年度もできれば続けたいと思ってるけど、絵本選びにますます悩むわあ…





      


ところで。全く話は変わって。

昨日…(正確にはおとといの夜)、兄さんが久々にやってくれたざんす

昨日の朝、風呂掃除しようと風呂の蓋をあけると、残り湯になにやら大量の澱のようなものが。
なんだ?!と思ってよくみたら、トイレットペーパー…

前夜、兄さんが洗面所〜風呂で不審な動きをしていて、何してるの?と聞いたら、いや、別になんでもないと誤魔化してて、こりゃ何か隠してるなと思って追求するも何もしてないと言い張るので絶対アヤシイ…と思ってたんだよね。

聞くと、トイレットペーパーが溶けるかどうか実験したかった、と。そんなこったろうと思った。

で、実験結果はキレイには溶けずに浴槽の中は大惨事。
母から大目玉をくらい、忙しい朝に浴槽からトイレットペーパーの残骸を回収する兄さん…
(結構大変な作業だった…)

実験したいという好奇心はいいよ!むしろ素晴らしいよ!ただし風呂の浴槽でそんな大量にやんなくてもいいじゃんか!
風呂でもせめて、桶に水汲んでその中でやれよ!
でもって、やっちゃったことよりも、前夜に「はあ?!何もしてないし!」と半ギレで超エラソーな態度で嘘ついてたことに母は腹が立ってるんだよ!



ああ。男子って………ねえ。。。


 HOME