鈴木正三杯—2019.1.14—


.18 2019 バスケットボール comment(2) trackback(0)

こないだの祝日の月曜日。


この日は、

IMGP4376.jpg

兄さん、ミニバス最後の公式戦の日!

息子たちが所属するクラブチームは、年に3回エントリーする公式戦で勝つことを最大の目標として日々練習を重ねている。
なので、毎年1月の連休に開催されるこの大会は、年度の公式戦のしめくくりとなる。

子どもたちももちろんそれは十分わかっていて、大きなプレッシャーとともにこの大会を迎える。

前夜から既に、あー緊張して来たーなどと言っていた兄さん…
それでも、アップの時はそれなりに笑顔もみせていて、周りにも「ちゅー兄、今日は大丈夫そうじゃん!」て何度か言われる。(兄さんのメンタルの弱さはみんな知っている。笑)


そうであればいいけど…と祈りつつ迎えた1試合目。

当たったのは、強いという噂の隣区のチーム。
でも絶対に勝てないという程ではないとの噂も。

そんな前評判を耳にしつつ、
1・3・4Qに出場した兄さん。


うーーーーーん。
イマイチ(-_-)

表情を見てても、
あーーー緊張してんなーーーガチガチだなーーー頭真っ白なんだろうなーーー
って思う場面がちらほら。
やらなきゃいけないことができていなかったり。

ディフェンスは頑張っていて結構いい動きがみられ、かなり相手にプレッシャーは与えられたと思う。
が、
この日はね、とにかくシュートが決まらない!

いつもの練習試合だと、強い相手でも不調でも10点くらいは入れてるのに…
この日の1試合目は、1ゴール2得点のみ。
インサイドまでボールが回ってこない場面も多々あったんだけど。

相手はやっぱり強くて、いい動きをする選手が何人も。
かなり相手ファウルが多い試合だったけど、相手はそれをモノともせず、うちはそれをモノにできず、結局…
倍の点差で負けてしまった。
チーム全体が後半はいつものように、負けて焦るとでてくるつまらないイージーミスを連発させたりして、あまりにも見慣れたパターンの再現で、観ていてちょっとため息。。。
やたらターンオーバーが多かったのも目についた。
でも、歯が立たないってほどのことはなかったんだよ。
不甲斐ない試合でかなり残念。
もう少し気骨あるところを見せてほしかったなあ。


ちなみにこの相手が、この日の会場決勝を制して勝ち上がって行った。





そして2試合目。

IMGP4391.jpg

こちらは、事前情報がほとんどなかったチーム。
兄さんは2・3・4Qに出場。

で。4Qの終わる直前まで、やっぱりシュートがほとんど決まらない兄さん。
1試合目2試合目あわせて一体何本外したか…

こちらもディフェンスは悪くなく、いい動きも多かったんだけどね。

この試合は、1試合目より更に相手ファウルが多い試合だった。
2Qまでは7〜10点勝ち越していたのだけど、3Qで僅差まで追いつかれ、4Qでは逆転されてしまう。。。

またいつものパターンでこのまま崩れて終わっちゃうのか…?!という悪い予感が胸にわきあがる中、
それでも相手ファウルに助けられた部分もあって何とか追いつき、1、2ゴール差で何度も追いつき追い抜き追い越されを繰り返す接戦に。


ちなみに兄さんはそこまで、2ゴール4得点のみ。リバウンドは2試合合わせて10回くらいとれてたけど。


(1つ目は1試合目唯一のゴール



ところが。

追い抜いたり追い越されたりの息を抜けない接戦の、最後。

スコアは、

32 vs. 34

で、我がチームが2点を追う立場。

4Q、残り約6秒

ここで兄さん、シュートで相手のファウルを誘ってこの日初のフリースロー!
2本決めれば同点の局面!
よくを言っちゃえばそのシュートが入ってバスカンならそこで勝ち越せた局面だけど。
外してリバウンドが取れなければ、残り時間的にほぼ負けが確定…

の前に、我がチームのコーチがタイムアウト要請。
応援席の母とあっちゅん、ドキドキがとまらず2人で神様にお祈り…

そして、
タイムアウトが終わって、出て来た兄さん。


ああああーーーーどきどきどきどき…



ぷはぁぁぁぁーーーーーーーー
(息止まったよね、フリースロー中)

もーね、ほんっと心臓に悪い。確実に寿命が縮まった…
1本目は外した…と思ったしね。
いま動画みても思い出してドキドキして目頭が熱くなる…
いやー良かった。ほんと決まって良かった


この後、数秒守ってすぐに試合終了のブザーがなり、同点で終了。




そして試合は、3分の延長戦に突入。

これまた相手ファウルに助けられながら接戦が続き、

またもこちらが追いかける状態で迎えたラスト…

スコアは、

37 vs. 38

我がチームの1点ビハインド。

残り約9秒

相手ゴールのエンドラインからのオフェンス。



ぃよっしゃぁぁぁーーーーーーーー


ゴール下にいた兄さん、この日は全っ然シュート決まらなかったのに、最後の最後に美味しいとこ持ってったーーーー

この後、相手オフェンスにうつった直後に、試合終了のブザー。
夢のような逆転劇。

20190114_04.jpg

チームメイトに抱っこされ(笑)、喜びをわかちあう
↑このコ翌日インフルエンザ発症…もう完全に兄さんの感染を覚悟したけど大丈夫で良かった…笑笑

20190114_05.jpg

そんなこんなで、2試合目は1点差でかろうじて勝利!!!

最後の大会、2敗で終わらなくて本当に本当に良かった!!!
こんなドラマティックな展開になるとは思わなかったけど!


この前日にやってたBリーグの天皇杯決勝戦が、千葉ジェッツの富樫選手が同じように、途中全然奮わず→ラストに3Pキメて逆転優勝、ってまさに美味しいとこどりの試合でね、それを引き合いに「富樫か!笑」とみんなにいじられていた兄さん。
(ちなみに兄さん、気分アゲる為にこの朝その試合の録画をみてから大会に向かったのヨ)
母もチームのママさん達に、ちゅー兄すごかった!ちゅー兄のおかげ!とか言ってもらえたけど…
そもそもこの日、そこまで全然まったく活躍してないからねそこまでいつも以上に点を決めてたチームメイトもいたし、ちょいと複雑な心境だったよ。


まあでも、あの局面で点を入れられたってのは、メンタル最弱男にはかなりの自信に繋がるのでは!と、ちょいと期待

IMGP4368_20190116162600adf.jpg

1試合目のボロ負け直後のタイミングでの集合写真。
兄さんはじめ、みんな涙目の苦い写真となってしまったけど…

この写真はちゃんと業者から購入しようと思う。
(高いのでいままで買ったことない。笑)

1試合目の不甲斐ない試合を思い出して悔しさを糧に、
2試合目の奇跡を思い出して自信を持てるよう、

部屋に飾っておこう!



公式戦はこれで最後だけど、実は練習試合はまだいくつか控えている。
最後の最後まで気を抜かずにがんばれ兄さん!

 HOME