週末日記<2020.2.29-3.1>


.02 2020 兄弟日々録 comment(6) trackback(0)

4年に1度の2月29日から3月に突入した週末。

兄さんはもともと期末前だったこともあって部活も何もなかったので、そのままコロナ影響の休校に突入。
あっちゅんは、一応月曜(今日)は学校があるということで、自粛ムードの中の最後の活動可能な土日となり…相変わらずのバタバタ週末。


土曜は通常通り、朝から🏀クラブチーム練習。
一応時短でお昼前に終わるはずが(時短にする意味があるのかどーか謎だけど)、結局延長してほぼいつも通り~
この日も張り切りボーイのあっちゅん、大変頑張っておりマシタ

で、お昼過ぎに終わったあと、母はあっちゅんと別行動で、友人とデート

20200229_30_01.jpg

都会の中に溶け込んだ小さな神社にお参りして、

20200229_30_02.jpg

美味しいモノを食べていっぱいお喋りしてきたざんす

ちなみに母は夜も、学校バスケの打ち上げで美味しいものたくさん食べて飲んできた
そして気がついたら朝の4時近くだったという…

あっちゅんは午後は家でダラダラしたのち通常通り夕方から空手に行き、
兄さんは午後、隣区の体育館へ🏀しに行った模様。



そして日曜は、あっちゅん、お昼から🏀クラブチーム練。

20200229_30_03.jpg

今年度最後の練習。
まだあと数回できるはずだったのに、思いがけず早まってしまい…この日は子どもたちの希望で試合をたくさんやらせてもらってたヨ。

練習後は、本当はこれも来週やるはずだった「6年生を送る会」を、短縮バージョンで。

20200229_30_04.jpg

例年は午前中いっぱいかけて送る会をやって、午後は親子バスケ、6年生vsOBのバスケ等で盛り上がるんだけどね…
午後のは全部中止で、送る会のみを短縮で行った。

20200229_30_05.jpg

去年、兄さんの「6番」を引き継いで1年間頑張ってきた6年生へ、あっちゅんから記念品贈呈。
この子のお母さんとはいろいろ共感することがたくさんあり、母も最後は抱き合って涙…


短縮なのは寂しいし、本当に今年の6年生とその保護者には気の毒だったけど、開催自体が危うかったのでとりあえず開催できて良かった!


そんで、夜は通称「大人バスケ」と呼ばれる、チームのOBや保護者のお楽しみバスケ。

20200229_30_06.jpg

実は月2くらいでやってるんだけど、兄さんは久々に参加。
兄さんの代の4・5・6番が久しぶりに揃い、1コ上の懐かしの先輩もたくさん来ていてとっても楽しそうにやってたヨ。



さて、昨日が多分、2人とも今年度のバスケおさめ…
(近所の公園にバスケしに行ったりはするだろうけど。あ、あっちゅんはバスケスクールはコロナが落ち着けばまだあるかも?)

いよいよどうなることやらーの異常事態の3月が始まってしまったね。
とりあえず母は現在、コロナの恐怖よりも目の前の毎日弁当用意&兄さんの生活管理の方が身近な恐怖……


 HOME