和太鼓体験!


.21 2012 習い事 comment(2) trackback(1)

どどんっ

wadaiko0520_03.jpg

ちゅー兄ちゃん、昨日は和太鼓に挑戦!



ワタシらが住む区では毎年、その年に6歳になる就学前の子供を対象にしたこんなイベントが開催されている。

wadaiko0520_01.jpg
今年で既に15回目だそうな。

これは「芸事の習い始めは6歳の6月6日から」という古い習わしにちなんだもの。

※「芸事の習い始めは6歳の6月6日から」というのは、手をパーの状態から指を折って数えていくと6で小指が立つことになり、"小指が立つ→子が立つ"と縁起をかつぎ、更に昔からゾロ目は縁起がいいとされていたので「6歳の6月6日に何か芸事を学び始めると、子がひとり立ちする」と言われるようになったそうな。
それに因んで、6月6日はいけばなの日やら楽器の日やら邦楽の日のなどに制定されているとか。
ついでに以前読んだ脳科学者の本によると、昔の数えの6歳は今の4~5歳に相当し、これくらいから8歳までに基礎となる身体能力が発達していくそうなので脳科学的にもそのくらいから習い事を始めるのは非常に理にかなっているんだとか。



実は、このイベントを知ったキッカケはこの時の和太鼓体験。(の後で検索して知った)
あれからずっと、ちゅー兄が年長さんになったら絶対に申し込もう!と待っていたのだ



そして、本人もずっと楽しみにしていた全3回の和太鼓講習、昨日の日曜日が第1回目!
wadaiko0520_02.jpg
午前と午後で約20人ずつ。ちゅー兄は午後の部。


会場につくなり、隣に座っていた男の子とお友達になってハイテンションなアニキ。


挨拶やバチの持ち方やいろいろな説明を受け、まずはコレの1行目を覚える。
wadaiko0520_04jpg.jpg
楽譜がないからこうして口ずさんでリズム等を覚えるのだそーな。へえ~


講師は区の和太鼓連盟に登録している和太鼓チームのリーダー。
同チームから、サポートのお兄さんお姉さんも多数参加。


「構えたら"やるぞ~!"と大きな声で気合いをいれて!」と指導されると、
wadaiko0520_05.jpg
『やるぞ~!!!



お友達になったお隣の子とふたり、一番大きな声で気合い十分。


どん、どん、どん、どどんがどん、たっ!(←フチを叩く)
wadaiko0520_06.jpg
微妙にピンボケな写真ばかり…


どん、どん、どん、どどんがど・・・『あれ?』
wadaiko0520_07.jpg

口譜だけ見てると簡単そうだし、まあ、大人だったらそれなりには…だろうけど、そこはやっぱり5歳児。

なかなかに難しいらしく、昨日はこの1フレーズのみをひたすら練習。


練習終盤、2人一組で演奏
※音が大きいので注意!

http://www.youtube.com/watch?v=R-pSDzgzT8k
やるぞ~!と気合いたっぷりの割に、イマイチ自信なさげ



時間は、挨拶やら説明やら休憩やらいろいろと挟みつつの2時間。

和太鼓を叩くのはかなり体力がいるし、この年齢には結構な長さだと思う。

みんな集中力も限界って感じだったがよく頑張った!



で、来週は次のフレーズを練習し、3週目の最終回は最後のフレーズ&通して練習した上で、この会場内の舞台で発表会形式で演奏を披露して締めくくるそうな。どんなのか知らないけど衣装も用意してくれるとか。



兄さん、やはり楽しかったようで
既にこの講習会が3回しかないというのが残念な様子

wadaiko0520_08.jpg

3回終わって本当に習いたかったら通えるとこ探してみようかね~なんて話しつつ、良い感じで第1回目は終了。


和太鼓、やっぱカッコイイ!母もやりたい!


来週・再来週も楽しみだネ!





オマケ。

今朝は…

バッチリ見えた!




怪人
かっちょええ~!
白いふんどし締めてやってほしい。
2012.05.21
ふうりんちゃ
>怪人さん

うひゃひゃ、それ賛成!!!( ̄▽ ̄)
2012.05.22

  • URL
  • comment

  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://foolincha.blog36.fc2.com/tb.php/1371-1a41a896
どどんっちゅー兄ちゃん、昨日は和太鼓に挑戦!ワタシらが住む区では毎年、その年に6歳になる就学前の子供を対象にしたこんなイベントが開催されている。今年で既に15回目だそう...
2012.05.21  まとめwoネタ速neo