あっちゅん誕生日おでかけ@科博!その2


.24 2016 おでかけ comment(2) trackback(0)

おとといの続きー

さて。

やっとあっちゅん念願の、恐竜の骨展示。

20161023_2_01.jpg

どどーんと目に入るのはやっぱりティラノさん。

20161023_2_02.jpg

この展示の配置、「ティラノサウルスがトリケラトプスを狩ろうと狙っているシーン」の再現なんだって!言われてみればたしかに!気づかなかった!

ナン千万年前に実際こんな風に、人気恐竜のトップ2が生きて向かい合ってたのを想像すると興奮!……しないけどね、別に。
恐竜好き男子なら萌えるんだろけどね。

ちなみにティラノサウルス、現在の研究結果で"羽毛"が生えてたことが判ってるんだってさー
へえー

20161023_2_03.jpg

丸焼きされてるようにしか見えない、串刺し(?)のディノニクスの骨をぐるぐる回せる展示。
前回来た時も兄さんぐるぐる回してたなー

20161023_2_04.jpg

ティラノさんトリケラさんステゴさん…写真割愛するけど他にアパトさんラプトルさんパキケファロさん等々…兄がかつて恐竜好きだった時の記憶の遺産?母もこれくらいは見ればわかりますのよ。無駄に。

20161023_2_05.jpg

このトリケラトプスは、実際にこういう状態で(横に倒れて)見つかったもので、世界で一番保存状態の良いトリケラくんのホネなんだって。(そもそもトリケラトプスの全身骨格は世界で2つしかないんだって)
もちろん実物。
よくわからんけど、すごいよね。うん。(アホっぽい感想失礼)

兄さんがトリケラトプス大好きっ子だったので、母もなんとなくトリケラには思い入れアリ。


…で、当の、ここに来るのを夢見てたあっちゅんの反応は。


特にこれといって…フツー。


一応足を踏み入れた瞬間は、おおおおー!って反応だったが。

そのあとはあちこちダーッとみて、まだ戻ってダーッとみて以上。って感じ。

ま、そんなもんだろうと予想はしてたので(笑)、思った通りだったけどね。
このくらいの年齢で骨みて興奮!なんて子がいたら天才だと思うわ。
字もひらがなやっと読めるくらいだから解説どころか恐竜の名前すら読めないしな。

それでもとりあえず本人は、"目的達成"できたようで満足した模様。ヨカッタヨカッタ。



常設展、残りのアレコレ。

20161023_2_06.jpg

なんだろ?これ

20161023_2_07.jpg

マンモスの骨と、マンモスの骨で作られた家…

このフロアには絶滅してしまった太古の生き物の展示などがあって結構面白かった記憶が。
もっとじっくり観たかった。



その下、最下階。

20161023_2_08.jpg

宇宙科学的ななんちゃら…

20161023_2_09.jpg

この階は兄さんが結構興味ある感じ。(難しすぎて理解はしてないけど)

兄さんが興味を示したといえば、別館(日本館)の、

20161023_2_10.jpg

鉱石コーナー。
石好き多いよね、男子。

ほとんどの時間を恐竜展示があった"地球館"を回ることに費やし、子どもたちの集中力も切れてきたので日本館(建物が重要文化財)は、オマケ程度にダーッと観て(兄は鉱石コーナーをじっくり観て))、

20161023_2_11.jpg

最後の展示?


そして、この日主役のあっちゅんはお土産売り場で兄からティラノサウルスのぬいぐるみを買ってもらい()、

20161023_2_12.jpg

外でしばし、科博名物(?)シロナガスクジラを眺め、

20161023_2_13.jpg

上野をあとに。



ここはきっと年齢によって感じ方が違ってくる場所だと思うので、またそのうち行こう!


怪人
その恐竜の串刺しロースト、回してみたい!
全体に火が通るようにじっくりとゆっくりと・・・
現代人の展示いいねえ。かつて地元の動物園にあった「にんげん」の檻を思い出したよ。
2016.11.25
ふうりんちゃ
>怪人さん

ふふふ、実際回してみると別に特になんてことないんですがねwww
こういう、人間や現代人の展示ってオチ、結構ありますよね〜
ちなみに息子達は全く分かっておりませぬwww(説明めんどくさかったので)
2016.11.25

  • URL
  • comment

  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://foolincha.blog36.fc2.com/tb.php/3036-76378606