あっちゅんの心配ごと


.04 2017 弟日々録 comment(4) trackback(0)


先週のとある日。保育園からの帰り道。

あっちゅんが唐突に、

『とーちゃんとかーちゃんとにーにが死んじゃったら、オレ"ひとり暮らし"しなきゃいけないんだよ』

って言いだした。それもサラッと。

「うーんあちゅはまだ小さいから、ひとり暮らしは無理だよ。もし3人が死んじゃったら、じーちゃんとばーちゃんと暮らすことになるんじゃないかな」

と、こちらもサラッと返してみると、

『でも…オレ…ひとりで(ばーちゃんちに)行けないんだけど』

「迎えに来てくれるよ

『どうやって?オレ電話のやり方知らないんだけど。誰がじーちゃんとばーちゃんに電話するの?』

「え…誰か…Yママとかがしてくれるよ

『ふうん…』

「まあ…3人ともまだまだ死なないと思うけどね

『だね』

納得したのかどうか、ここでこの会話は終了。

多分少し前に、"ひとり暮らし"という単語を知って興味津々な感じだったから、そっから来てるんだろうけど…

みんな死んじゃったらひとり暮らしする気だったのか…ってとこから突っ込みどころが満載でおかしくておかしくて


ちなみに、兄さんが小さい頃、
『とーちゃんとかーちゃんが死んじゃったらどうしよう…悲しい…』
って急に言いだして泣き出しちゃうことが何度かあったっけな。


同じ「家族が死んじゃったら話」でも、視点が全然違う兄と弟。
繊細な長男と現実的(?)な次男坊。オモロイな




怪人
電話の仕方も知らないのに一人暮らしする気満々なのが凄い。
ジャックは小さいころ、「僕死にたくない」と言うことはあったけど、「ダディとマミーが死んじゃったら」って言うことはなかったなあ。親は死なないものと思ってたのかしら。
ジョーイは問題外w
2017.07.05
ree
電話の仕方を知らないのに・・・ってところで吹いた~。
うちで言ってたのは娘。
うちの場合シュートさまが亡くなったのってニコが年長さんの頃で、死ぬって事を実感してしまって、考える度大泣き。
未だ「マミィもダディもずっと死なないでね」って言うほど。
一人暮らしは親が元気でもするかもしれないしねぇ(笑)。

2017.07.05
ふうりんちゃ
>怪人さん

もーなんか、いろいろ抜け過ぎてて笑えますよねwww
僕死にたくない、兄さんも言ってたような気がするような。
自分のことちゃんとそう思えるのも大事なことですね。
2017.07.05
ふうりんちゃ
>reeさん

やっぱ身近で亡くなる人がいるとそうなりますよね。
兄さんは、小さい頃にひいじいちゃんが亡くなり、保育園の園長が亡くなり、実家の猫がなくなり、小1になる寸前に長野のおじいちゃんが、そしてここ2年立て続けに猫達が…と子供にしては結構身近に死と接してきた方かも。
次男坊は長野のおじいちゃんが亡くなった時はまだ赤ちゃんだったし、猫達以外には死に接してないのでいまひとつよくわかってないのかも…^^;

そうそう、まさに就職で親元を離れる話を若い子としていて、それに次男坊が興味をしめしていたんですけどね。親がいなくなると勘違いしたのかなあ^^;
2017.07.05

  • URL
  • comment

  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://foolincha.blog36.fc2.com/tb.php/3279-661a69d7