夏の旅2017 その2


.20 2017 信州・上越旅行 comment(4) trackback(0)

長野市博物館を出て、公園内を散策。

2017summer_b_01.jpg

目の前の池。
草地と水の境目が曖昧な感じだったので、あっちゅんが落っこちるんではとヒヤヒヤ…

丘があったので、

2017summer_b_02.jpg

上でジャンプ写真。(を撮ってる女子たちがいたので真似っこ)

この公園は八幡原史跡公園と言って(博物館も公園の敷地内にある)、12年間の5度にわたる武田信玄と上杉謙信の川中島の戦いの中で最も激しい戦いの舞台になった場所がこの八幡原なんだそうだよ。(資料丸写し)

2017summer_b_03.jpg

男子が好きそうなトラップがたくさんで、転んだあっちゅんは泥だらけ。

2017summer_b_04.jpg

公園内の八幡社に参拝。

境内で一番目を引くのは、

2017summer_b_05.jpg

武田信玄と上杉謙信の一騎討ちの像。

2017summer_b_06.jpg

まあこれは比較的近年に建てられたものらしいけど。

2017summer_b_07.jpg

馬上から斬りかかる謙信の刀にたいして、軍配でそれを受けようとする信玄の像、これは、

2017summer_b_08.jpg

三太刀七太刀之跡(みたちななたちのあと)の逸話を再現した像。

上杉謙信が武田信玄に3回斬りつけ(その1回目を軍配でうけ、あとの2太刀は腕と肩に)、でもあとから信玄の軍配を見ると7つの刀傷が残っていたというエピソード。

こちらにわかりやすい解説が。

2017summer_b_11.jpg

これは首塚(甲越直戦之地の石碑)。
武田の重臣高坂弾正が、戦場に残された遺体を敵味方関係なく手厚く葬ったとされる地だそうで、これに感激した謙信がのちに、北条&今川に塩を断たれて苦戦していた武田軍へ塩を送ったという、有名な「敵に塩を送る」に繋がるのだそうな。

他にも、川中島の戦いに関するいろんな記念碑がこの境内にある。

ちなみに…

2017summer_b_10.jpg

川中島の戦いの勝敗ってのは、残された文書の出処によって結果が違うそうで…
つまり、武田に与する文書には武田の勝利、上杉に与する文書には上杉勝利と書かれているらしい

一般的には武田勝利の見解が多いみたいだけど、戦いの末いろんな意味で多大な利益を得たのは上杉って見方もあるらしい。

戦いの発端についても諸説あって、ひとつに、最初は北信濃の武士に請われて義侠心で兵をだした謙信が、武田軍の横暴さに怒りを覚えて越後までその力が及ばないように戦いに没入していった、ってのがあるらしい。

へえ〜〜〜

いやー面白いっ

実はもともと日本史は結構好きなわたくし。

2017summer_b_12.jpg

兄さんよりも楽しんでいたのは間違いない。
てか、兄さん、あとで写真みて調べるからーって全部写メ撮るだけ撮って、足早に過ぎ去ってったよ…この現代っ子め…


本日は歴史のおべんきょー日記でござんした。


つづくー



ree
きっとこの川中島の戦いには私のご先祖様がその場にいたと思うの。

さすが兄さん、高くジャンプしてるね~。
私もこれ、やってみたいけど、絶対息子はノラないな。
2017.09.21
大きな岩は乗りたくなるよねぇw
ほほう、やっぱり歴史は色んな見解があって面白いですなぁ。やっぱりその場にいないと本当位の事なんて解らないけど、想像するのは楽しい♡ 兄さんがたくさん興味持ってくれるといいね。
2017.09.21
ふうりんちゃ
>reeさん

えー?!そうなんですか?!?!すっごーい!!!武田方?上杉方???

そっか、チャーくんはやってくれないか…
ちなみに兄さん、やりはしたけどやった後のこの写真をみて「これなんの意味があるの?」と冷めた反応でしたわ(-_-)
2017.09.21
ふうりんちゃ
>Qちゃんさん

段差、岩、登れそうな木、飛べそうな幅の小さい川…全て男子トラップだよね…
うんうん、歴史の面白さのひとつは想像で補えるところとか、想像が膨らむところだよね。
そのうち記事にしようかなと思ってるんだけど、ねこねこ日本史(http://neco-neco.jp/)っていう登場人物がすべて猫っていうふざけた歴史モノ(でも一応史実に基づいた話)にハマってる兄さん。楽しそうだよ^^;
2017.09.21

  • URL
  • comment

  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://foolincha.blog36.fc2.com/tb.php/3353-0bde8c26