夏の旅2017 その4


.22 2017 信州・上越旅行 comment(4) trackback(0)

さて。

北信濃から一路、毎年恒例の上越へ。

でも今年は、例の兄さんの自由研究のために、またちょっと寄り道。

今回の帰省中に川中島古戦場跡以外にどこか寄れるところは?…と検索してみたところ!
上杉謙信にまつわる場所の大本命?!ともいえる、謙信の居城であった春日山城址が、いつも行ってる海水浴場からすぐ近くってことが判明。

ここ数年毎年行ってるのに全く知らんかったよ…
新潟の地理がまったくわかってない


んで、まずは、春日山城のふもとにある、上越市埋蔵文化財センターへ。

2017summer_d_01.jpg

春日山城のジオラマ…

こ、ここを登るのか?!


上杉家にまつわるなにやらや、春日山城に関するいろいろが展示されていたけど、ほとんどスルーの子どもたちが興味を惹かれたのが、

2017summer_d_02.jpg

甲冑体験。
その名も「なりきり謙信公」!(親子で体験って書いてあるけど、我が家は兄弟で)

ちなみに写真に写っているピンクの小紋に袴をつけた女性は、上越おもてなし武将隊の隊員で、"幼き謙信公に仕え、戦場で数々の手柄をたてた越後きっての女武者まつえ"という設定の方だそうで…(隊員紹介はこちら

終始その役になりきっての応対。
こちらが何か質問したり話しかけたりしても常に「さようでございますなあ…」等と、"まつえ"としての受け答え。

兄さんとあっちゅんにも、

2017summer_d_03.jpg

「若、こちらに参られよ、弟君、こちらをお持ちくだされ」(もちろん弟くん、じゃなくて弟ぎみ、ね。笑)

2017summer_d_04.jpg

「おふた方とも素晴らしき若武者ぶりでございますなあ」

と、そんな調子。

2017summer_d_05.jpg

これ、もちろんものすごーーーく重たいので、

2017summer_d_06.jpg

あっちゅんはほぼ固まってたけど、

2017summer_d_07.jpg

カッコ良いと褒めちぎられて大満足。
普段だったら兄さんも嫌がりそうだけどね。
謙信公のおかげで積極的♪

2017summer_d_08.jpg

埋蔵文化財センターの前の、謙信公の像。
馬上からめっちゃ見下ろされてるヨ…


さて、この埋蔵文化財センターに車を停めたまま、シャトルバスに乗り、いよいよ春日山城址へ。

10分くらいバスで登って、まずは、

2017summer_d_09.jpg

謙信公を祀った春日山神社に参拝。

ここから先は…

2017summer_d_10.jpg

山登り…

よっぽどここで待ってようかと思った母だけど(ビーサンだったし…)…

ま、せっかく来たからと覚悟を決めて山登り。

途中には、

2017summer_d_11.jpg

あの直江兼続の屋敷跡、かつての城門の跡や、毘沙門堂。

多分15分~20分くらいの山登りだったと思うんだけど…

兄さんとあっちゅんは頂上までほぼイッキに駆け上がってったらしい。
(しかも途中で疲れたあっちゅんを兄さんオンブして登ったんだとか…)

2017summer_d_12.jpg

頂上で待ち兼ねるヒトたち。


そして、頂上の本丸跡。(二の丸・三の丸跡は地滑りの修復工事中で行けず)

2017summer_d_17.jpg

上越市内を一望!
写真よりもっと左には日本海が広がる。
疲れも吹き飛ぶ素晴らしい景色~

もちろん城下町の様子はかつてとは違うだろうけど…約450年前に謙信公もこうして見下ろしていたんだろうなあと思うとちょっと感慨深いよね。ロマンだわあ。

やっぱり登って良かった!

で、ちょっと休憩したりして、下山。


春日山神社の売店で…

2017summer_d_14.jpg

あっちゅんはこんなのを購入。
(戦隊モノだの何だの併せて一体ウチには何本の剣があるのか…)

兄さんは死ぬほど迷った末に、金ラメで「毘」の文字が書いてある黒Tシャツ購入……ちょっと厚手なので秋冬に着るんだそうな………(あんまり一緒に歩きたくないな…ボソッ)


例の上越おもてなし武将隊の主役、謙信役の方が境内にいたので、

2017summer_d_15.jpg

一緒にパチリ

「うむ、良き武将となれそうじゃの」とお褒めいただくあっちゅん。

(ちなみに帰りのシャトルバスでも一緒だった謙信公。「腹が減っては戦ができぬのでな、ちと腹ごしらえに下山するのじゃ」とさ。笑)

2017summer_d_16.jpg

難攻不落の山城であったというのは、なんとなく体感できたけど…この山城で生活していた皆さんはいろいろ大変だっただろうなあ
馬はどこまで入れたのかなあ…

などと、いろいろと想像が尽きない春日山城址への寄り道。


いやはや、なかなか面白かった!



まだまだ続くよー


怪人
おもてなし武将隊のお仕事楽しそう!なり切りすぎて、仕事終わっても言葉遣いとか引きずりそうだわ~つか、謙信シャトルバスで下山かい。
あっちゅんも兄さんも、「なりきり謙信」かっちょええ!ウチのやつらにも着せてみたい・・・でももう大きすぎてボツかも。
2017.09.22
ree
ぎゃはは!!!
腹ごしらえに下山ってのに笑えた!!
そんな風に体験出来るっていいなぁ~。
大人も着れるんだろうか?
うちの実家でも着せてもらえるのかさえ私は分からない(笑)。
帰ると私も白虎隊自害のところに行く時があるんだけど(友達の家が側)、あの眺めは私も大好きなんだ。
ここに立って若い白虎隊達は・・・って思うと泣けるのよ、マジで。
2017.09.23
ふうりんちゃ
>怪人さん

楽しそうだけど…真夏のクソ暑い中こんな格好して炎天下に出なきゃだったり、無理難題言ってくる観光客とかもいそうだし、大変なんじゃないかな…と^^;
なりきり謙信、兄さん着てるの大人サイズだから問題ナシですよwww
2017.09.25
ふうりんちゃ
>reeさん

笑えますよねw 客と一緒にバスのるんかいって^^;主役なのに専用のお迎えはないのか!w
大人も着れますよ。親子で、のコンセプトなので兄さん着てるの大人用です。
実家?!実家に鎧帷子あるのですか?!

白虎隊は…うん、涙無くして語れない…
2017.09.25

  • URL
  • comment

  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://foolincha.blog36.fc2.com/tb.php/3355-db91961a