6年生を送る会(=卒団式) —2019.3.10 その1—


.18 2019 バスケットボール comment(6) trackback(0)

先週の日曜日のこと。

土曜日に最後の練習があり、その翌日は毎年恒例の、

20190310_1_01.jpg

「6年生を送る会」でござんした。

恒例ったって、もちろん"送られる側"は初めて。
6年生とその保護者は"招待客"扱いでお呼ばれ。ドキドキ。
しかも今までは集会所を借りて行ってたのを、今年は初のホームの体育館開催で、いつもと雰囲気もちょっと違う中…

まず、6年生が舞台袖から1人ずつ、名前をアナウンスされて登場!

20190310_1_15.jpg

兄さん、なんかビミョーなポーズをして登場

あとで聞いたら、すしざんまいのポーズだって。笑
やるならもっと思いっきりやれ!笑

全員が登場して席につき、まずはコーチから今年度の活動報告。
1年間のスタッツ等をみながら、戦評というか年間通して試合の総合的なお話。


それが終わると、6年生ひとりひとりに、在団生全員と監督・コーチ全員からのメッセージカードやたくさんの写真が入ったアルバムが手渡され、サブコーチ達とメインコーチからの贈る言葉。

20190310_1_03.jpg

もちろん良いことを言ってくれるのだけど、兄さん、ほぼ全員のコーチからメンタルの弱さをイジられ(苦笑)、最後にメインのコーチであるYコーチからは、「自分をみているような歯がゆさがあった」と語られた。
(それ、実は母は以前同じことをYコーチから聞いたことがあったのだけど)
Yコーチは3兄弟の長男。
同じく男兄弟の長男である兄さんとは、性格や考え方、プレイスタイル等がすごく似ている部分があるそうで。
(さらにYコーチは、兄より要領のいいあっちゅんのことも知ってるから、自分の弟とも比べて、一層共感する部分がある模様。笑)
慎重な部分や考えすぎちゃう部分(石橋叩いて叩いて叩き割っちゃうタイプだよね、とw)、周りがワーッとなると引いてしまう部分、とか他にもイロイロ。
何でそうなのかってのがわかる分だけ、本当に歯がゆかった、と。
自分の殻をやぶってほしい、リミッターをはずしてほしい、という思いが伝わってくる贈る言葉でござんした
(メッセージカードにもそういう意味のことが書いてあった)


そのままコーチからマイクを引き継ぎ、兄さんのひとこと。

20190310_1_04.jpg

一番心に残った試合のシーンとして、最後の公式戦でのことを。
シュート不調の中みんなに支えてもらって決勝点をきめることができ、チームメイトに抱きかかえられたのが嬉しかったと話したんだけど、まさかの途中で涙声。
最近は絶対こういうので泣かない感じだったのに、感極まってしまった模様。
もちろん母ももらい泣きー!!!
なんだかとっても嬉しかった。
クールで通ってる兄さん(笑)だけど、みんなに素の姿を垣間見せることができたかな?
試合にはなかなか勝つことができなかったけど、いい仲間に恵まれたもんネ

ちなみに、6年生それぞれにアルバムを渡す役目は1,2年生のおチビさんたち。
あっちゅんは、兄さんの次に登場したもう1人の副キャプテンへ。

20190310_1_05.jpg

しっかりした声で「いままでありがとうございました!」って言えてたヨ



んで、その後で男子キャプテン登場で全員(男女7名ずつの14名)が終わったのだけど…コーチ陣の愛のこもったメッセージが積もり積もって(?)…その時点で2時間くらい経過
あっちゅんは母の横に座ってたんだけど、こっそり母と絵しりとり(絵だけでするしりとり)をしたりして何とか大人しく座ってたけど、よく頑張った。笑



そして、

20190310_1_06.jpg

キャプテン・副キャプテンの引き継ぎ。
(チームの試合球と作戦ボードを、新キャプテン・新副キャプテンに渡す)


それから、

20190310_1_12.jpg

5年生たちから、記念品(集合写真が入ったフォトフレーム)が送られる。


そのあとは、6年全員が前に並び、

20190310_1_13.jpg

まずは在団生の送辞。あっちゅんもちゃんと1年生がいうセリフあり。

20190310_1_08.jpg

それから6年生の答辞。
事前に2回集まって練習して暗記。
みんなしっかり言えててカッコ良くキマった!


お次は、

20190310_1_07.jpg

6年生からコーチ陣へメッセージを書いた、色紙の贈呈。
兄さんはジャンケンで勝ち抜いてメインのYコーチへ渡すことができてご満悦

Yコーチ、優しいか怖いかでいえば断然怖いタイプだし(笑)、厳しく、近寄りがたい雰囲気もある方なのだけど…兄さんは全幅の信頼を寄せていて、Yコーチが大好き。なんといっても似た者同士だしね
兄さんにとって、いい恩師に恵まれて良かったよねえ、ほんと。


最後に、

20190310_1_09.jpg

6年生からチームへ、大判の立体作戦ボードとマーカーパッド(三角コーンの平たい版みたいなの)を寄贈。


そして、送る会は閉会し、
そのまま仕出し弁当を食べながら、スライドショーを鑑賞。
6年女子のパパさんが作ってくれた、6年全員の今までの写真や動画、インタビュー映像などを盛り込んだスライドは素晴らしい力作で、とっても感動!!!


退場は、

20190310_1_10.jpg

在団生とその保護者で作る花道を通って。
(花道入り口で背の高いコーチとハイタッチしようとしてるのが兄さん)
6年保護者も通るってことで母もこの写真撮ったあと、急いで下へ。

口々に、お疲れ様ー今までありがとうーと声をかけてもらってハイタッチで通るも、「あちゅさんいるから、まだ当分いるけどねー♪」と返しつつ。笑


ああ、ありがたやありがたやー
本当にとっても素敵な会で送り出していただき、感謝の2文字しかない!

20190310_1_11.jpg

みんなからのメッセージがつまったこのアルバムは、兄さんの一生の宝物となることでしょう!


心から、チームに感謝!!!


怪人
凄く内容の濃い送別会ですね~
すしざんまいポーズ、知らんかった・・・
兄さんの涙ぐましいスピーチ聞いてみたかったな。
絵しりとりっていいアイデアだね。英語にはしりとりってのがないけど、やってみたいかも。
とりあえず一区切りついた感じですね。
この思い出を大切に、将来へのバネにしてね!
2019.03.18
ree
おめでとう!!
私まで読んでて鼻の奥がつーんってなっちゃった。

これってクラブチーム?それとも学校の?

いずれにしてもこんな風に卒団式があるって、本当にすごい事だと思う。

こちら、ハイスクールバスケで引退セレモニーが軽くあるだけで、こんな内容濃くないし、トラベルバスケは最後のゲームが終わって解散で、他に何もないもの。

そう言った意味では日本の、こう言ったイベントをすると言うのは素晴らしいと思う。

でもって今更気づいた。
兄さんもあっちゅんも首が長いのね。
そして更に更にあっちゅん、顔つきが変わって来た。
2019.03.19
すごくステキな卒団式だったね♪
改めてみんな仲よしで団結力が強いクラブだったんだな〜って感動。兄さんが泣くなんて私までじーんときちゃったよ。
卒業してもあっちゅんが居るから、兄さんも分かり合える仲のwコーチにまた会いに来れるからよかったね。
2019.03.19
ふうりんちゃ
>怪人さん

毎年こんな感じですが、やはり今年は我が子が主役のひとりなだけに感慨深かったですー
なんでイキナリのすしざんまいなのかw謎w
絵しりとり、面白いですが次男坊とやるとほぼなんだかわからず(^◇^;)こちらの推理力・想像力がカギ(^◇^;)しかも7歳の次男坊が知ってるモノしか描けないのもかなりのハードルとなるw
ジャック先輩とやったら面白そう。でもそっか、英語ってしりとりないのか。なにかいいアイデアないのかな

うんうん、一区切り。さみしくもホッと一息です。あざす!
2019.03.19
ふうりんちゃ
>reeさん

クラブチームっす。
マネさんやスタッフさん方の準備は本当に大変なの知ってるし、6年全員分のメッセージカード書く(書かせる)のもホント毎年大変なんだけど…やはりこの日を迎えて盛大に会が終わると、良かったなあーと思います。特に送られる側は本当に感動!
20年の歴史があるクラブチームなので、新しく変えていかなくてはいけないところも多々あるけど、こういうのはずっと続けてほしいなーと思います。

首?!
初めて言われた!!!
でも言われてみてみると確かにそうかも…
次男坊は撫で肩なので、首からスルンって感じ(^◇^;)
そしてこれは緊張顔かも?笑
2019.03.19
ふうりんちゃ
>Qちゃんさん

本当に感謝感謝!
去年までは送る側で、上級生がぬけるのが寂しいだけだったけど、今年はいろーんな感慨が。
そうそう、卒団しても、OBや保護者でバスケやりたい人が出られる"大人バスケ"が月に1−2回あるので、兄さんはそっちにきっと毎回顔を出すことでしょう♪
2019.03.19

  • URL
  • comment

  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://foolincha.blog36.fc2.com/tb.php/3861-c32635a8