読み聞かせ —2020夏—


.15 2020 読み聞かせ(小学校) comment(4) trackback(0)

本日は、あっちゅんクラスで久しぶりの…というか3年生になって初の読み聞かせボランティア。

コロナの影響で今学期はやらないかなーと思ってたら意外にもちゃんと実施され、
普段は教室の机をガーッと後ろにやって、子どもたちは前の方に集まって床に座り、その前で読み聞かせをするのだけど…
今回は、机はそのままで子どもたちも自分の席に着席のまま、
読み手は電子黒板を使って大画面に絵本を映し出して読む、という形式だった。

で、あっちゅんに、何読もうかー今回は電子黒板だから小さい本でもイケるねー、夏のお話でいいのあったっけーと話したら、

即、

『あ!じゃあ、まほうの夏!絶対まほうの夏がいい!』

と。

で、リクエスト通りに、

S__31268956.jpg

まほうの夏

のサイトから抜粋

おはなし

東京に暮らす兄弟の夏休みのおはなし。
お父さんもお母さんもお仕事で、今日も学校のプールとゲームと麦茶、ポテトチップス。すっかり退屈していた二人に、いなかのおじさんから遊びに来いとはがきが来ます。二人は東京を脱出してお母さんのいなかへ。イヤッホー!
いなかの子と友達になった二人は、むしとりに森へ行きます。川に落ち、ヤブカにさされ、夕立にあってぐちゅぐちゅのボコボコのどろどろになるのですが、初めての経験に不思議と気持ちよさを感じます。
夕飯はとれたての野菜、新鮮な魚、となりの豆腐屋さんが作った豆腐。びっくりするくらいたくさん食べます。
そして海水浴、釣りとドキドキ楽しいことばかり。
真っ黒になって東京へ帰ります。「またくるよ!」

みどころ

都会で暮らす子供達(特に男の子)にとって、田舎で過ごす夏休みは何と刺激的なことでしょうか。都会では体験することの出来ない、本物の自然の中でののびのびとした遊びや新鮮な食事といった、田舎ならではの魅力が存分に描かれています。
森や川での忘れられない体験、さかなをたくさん釣ったときの何とも誇らしい気持ち...
都会に住むお父さんから息子さんへ読んであげることをオススメします。

出版社からの紹介

夏休みに入っても退屈していた僕と弟。ある日おじさんから一枚のはがきをもらった。“あそびにおいで”と書いてある。ぼくたちは大喜びでおかあさんのいなかに行った。虫取り、海水浴、木のぼり…圧巻は海釣り! 大自然のなかで思いっきり遊んだ、ぼくと弟のまほうの夏の想い出で描く絵本。




少し判型が小さめなのと、絵が1ページの中で何場面かにわかれてるページがあり、見えにくいかなーと学校の読み聞かせには避けてきた絵本。

でもこれ、兄さんもあっちゅんもだーい好きだった絵本でね、今までいったい何十回読んだだろう?ってくらい読んできた。


上の抜粋にある通り、子ども(特に男子)にとっては「The 理想の夏休み」を描いたお話なんだけど、

S__31268959.jpg
(田舎の場所までは書かれてないけど、路面電車と町の背景の看板から香川の高松市だとわかる♪)

細く柔らく、あたたかみのあるラインと色彩で描かれた絵がまたイイのよね

S__31268960.jpg

今回、電子黒板に映しながらで子どもたちの方を向かずに読んだので、反応や表情などはいまいちよくわからなかったのだけど…

終わった後の感想では、
おばあちゃんちに行きたくなった
夏休みに海に行ったことがないので行ってみたい
等の感想が。

うんうん、そうだよねー
これ読んだら絶対そう思うよねー

残念ながら今年はコロナの影響で帰省やら旅行やらは難しいかもだけどねえ…


というわけで、ちょいと特殊な状況の読み聞かせではあったけど、
我が家の歴代5本の指に入る(?)大好き絵本をみんなの前で読むことができた、幸せなひとときでもありましたとサー



怪人
すごく優しい色遣い!素朴な色彩なのにあったかいなあ。
小学校の頃の夏休みを思い出したわ。海に泳ぎに行って、山に虫取りにいって、畑に野菜を採りに行ったなあ。日焼けしすぎて夏休み終わるころには人種が変わってた。
そうかー東京の子たちはこういう経験なかなかできないんだな・・・
2020.07.16
ree
これね、私の子供時代ですよ。
夏になると農家である母の実家に行ったきりになって、川でオタマジャクシやメダカ捕りでびっしょりになって、塩と味噌を持って畑に盗み食いに行き、泥だらけになったり。
違うのは田舎から田舎に行ったって事だけ(笑)。
そう言う時間を多くの子供達が体感出来れば心豊かになるのにね~。

豚肉の塩漬けのしかた、教えて下され~。
2020.07.16
ふうりんちゃ
>怪人さん

うんうん、まさに怪人さんの故郷ですなー
私は海のそばには住んだことなかったけど、小2で東京へ引っ越すまでは栃木の森に囲まれたのどかーなとこで基地作ったり落とし穴作ったりしてましたワ。
子どもたち、田舎はあれどこんなふうに遊べる環境がまったくないからこういう体験させてあげられず…
本当はこんな体験させてあげたいのだけどなあ。
2020.07.16
ふうりんちゃ
>reeさん

ふふふ、いいですよねー
私もこんな夏休みよく過ごしてました。自分ちも田舎だったし、母の実家や父の九州の実家も楽しかったなあ。
息子らは全くこういう体験できておらず。。。ほんと、そう思います。

塩豚、私は元は好きな料理家さんのレシピで作ってたけど最近は適当です。
これとか
https://macaro-ni.jp/42125
これ
https://cookpad.com/recipe/337917
が参考になるかも!
2020.07.16

  • URL
  • comment

  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://foolincha.blog36.fc2.com/tb.php/4192-725bbd75