プールの話


.29 2021 弟日々録 comment(4) trackback(0)

あっちゅんのプールにまつわるお話。

こないだ、小学校から電話が来たってのをちらっと載せたけど…

実はその内容、
担任から、
「あちゅくんが今日のプールの用意を忘れてきました。今年度は夏休みも2学期もプールの予定がないのでこれが最後のプールとなります。もし御在宅でしたら出来たら水着を届けてもらえれば」
という電話。

今年度は既に1回プールがあり、その時にあっちゅんはその1回で今年のプールはもう終わりだ、と家で言っていた。
それを信じた母はこの日、プールがあるだなんて全く知らず。

たまたま在宅勤務だったので、電話をもらってすぐに水着を届けに学校に行ったのだけど…

職員室に入って副校長にご挨拶し、
横のフリースペースのような所を目にやると、数人のプール見学の子たちと自習していたあっちゅん。

母に気づくなり、職員室の端に逃げ、
「プール入りたくない!!!」
といきなりの号泣…

いやびっくり。
母びっくりだよ。
唐突過ぎて。

プールが好きじゃないのはわかってたけど、そこまで嫌だったなんて。
家では、ああープールやだなあー…とつぶやく程度だったので…

近づこうとすると泣きながら逃げるので、2,3メートルの距離を保ったまま、ほぼ無人の職員室であっちゅんと対峙。

聞けば、前回のプールで鼻に水が入ってすっごく痛かったから入りたくない、と。

なるほど…

その後、じゃあとりあえず今日は顔つけなくていいか先生に聞いてみよう、とか
鼻に水が入らない方法を先生に教えてもらおう、とか
いろいろと提案して説得を試みるも全く聞く耳持たずのあっちゅん。

どーにもこーにも埒があかないので、
とりあえずプールバッグを副校長に託し、
あとは本人の意思に任せます…
と言って母は帰ってきたよ。


結局やっぱり入らなかったようだけど、
その後学校から帰ってきたあっちゅんと話し、

今後は週末にできる限り父さんと区のプールに通い、
まずは基本的なことから徐々にプールに慣れていこうってことで本人も納得。
(短期のスイミングスクール等勧めたけど拒否)

ちっちゃい頃から顔に水がかかるの嫌いなあっちゅんではあったけど…
1,2年生の時だったかな、2年連続で短期のスイミングに通って何とか潜ったりケノビくらいはできるようになった記憶だったのだがなあ。
去年なにもできなかったから、それですべてリセットされてしまった?
それとも前回の鼻に水が入ったのがトラウマになって全部吹き飛んでしまった?

そこはわからないけど、
とりあえず先週、父さんと区のプールに行ってみて、それは嫌ではなかったらしいので(一切水に顔つけたりはしなかったようだけど)…
何はともあれプールに慣れて徐々にできることを増やしていくようだねー


兄さんのおさがり水着がピッタリに。成長早いなあ…

そんなこんなでござんした。

怪人
まあ苦手な事ってのは誰にでもあるからねえ。
あっちゅんにとっては水泳が弱点なのですね。
ジョーイは風呂で息継ぎの練習したよ。
風呂で少しずつ慣らして行けばハードルが下がるのでは。
2021.07.29
ree
分かるよ~、すごく分かるよ~。
自分のところで書いたように私も水が怖くてプールの時間が本当に苦痛でしょうがなかったもん。
市民プールにも通った、でも無理だった。
水には入れていたけど、泳ぐと言う事自体がもう無理だったもの。
そんな私が初めて泳げたの、豊島区民プールだった。
同じ年の遠い親戚に連れて行かれて、泳げないって言えなくてなんとなーくやってたら泳げたの。
それからあれよあれよと言う間に75m泳げるようになってた。
焦らずに、だね。
2021.07.30
ふうりんちゃ
>怪人さん

ですねえー
兄さんは友達と区のスイミングに通ってたのだけど、次男坊はそれもちょっと難しそうだし…
風呂ですな。いいアイデア!
2021.07.30
ふうりんちゃ
>reeさん

ほーほーなるほどー
きっかけはどこにあるかわからんもんですねえ。
水泳の授業は長ければ高校まで続くからできれば今のうちに少しでも慣れてほしい。
次男坊もなにかのきっかけでそうなるといいなあ。
2021.07.30

  • URL
  • comment

  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://foolincha.blog36.fc2.com/tb.php/4447-8b3f70fe